平日の午後、青山や銀座界隈を歩いているとよく見かけるのが、60代前後のおしゃれな大人の女性。つい先日も、書店で小さなパールのピアスが似合う白髪のショートヘアに、トレンチコート、目の細かいセーターとチェックのキルトスカートを合わせた、正統派トラッドの装いがとても素敵な女性を見かけた。なかでも印象的だったのは、体によりそうように馴染んだ革のショルダーバッグ。しっとりとした輝きを放つつやが、何年も丁寧にお手入れを重ねてきたことを物語っていた。

 

あんな風に、歳を重ねても品のいいおしゃれを楽しみたい。それには、30代の今から、自分にとって心地良いもの、リピートをして使いたくなるマイ定番を見つけておくのがいいのかもしれない。

 

ローファー ¥54,000/JOSEPH CHEANEY

 

『JOSEPH CHEANEY』(ジョセフ チーニー)は、まさに時代を超えた大人のトラッドスタイルの定番ともいえる、イギリスの老舗シューメーカー。伝統のグッドイヤーウェルト製法による高級靴の聖地として知られるノーザンプトン州に自社工場を持ち、カッティングからファイナルポリッシュまでの全行程を、創業当時から変わらない手法で行なっている。

 

今季の新作ローファーは、スウェードとシボ感のあるグレインレザー、異なる素材のコンビ仕様でさりげなくスパイスを効かせた一足。無骨に見えがちな甲のU字ステッチは、革の立ち上がりが少ない縫製で仕上げているので、細身で上品な印象。トラッドでありながら、モードな表情をのぞかせるデザインが、大人ならではのレディライクな装いを格上げしてくれる。

 

伝統的なグッドイヤーウェルト製法は、ソールの付け替えが可能。長年履き続けてソールが劣化した場合、リペアすればお気に入りのアッパーはそのままに、履き続けることができる。使えば使うほど自分の足の形に馴染み、心地よい履き心地が得られるのも魅力。

 

バッグ ¥55,000/GLENROYAL

 

『GLENROYAL』(グレンロイヤル)も、クラフトマンシップが宿るものづくりで注目を集めるスコットランド発のレザーグッズブランド。主素材として使うこだわりのブライドルレザーは、豊かな自然で育まれた成牛の皮をベジタブルタンニン製法で時間をかけてなめしたあと、 蜜蝋や牛脂を手作業で染み込ませるという伝統的な製法が用いられている。使っていくうちに手にしっくりと馴染み、使い手それぞれの表情へと育っていく素材は、使うほどに愛着が増す。

 

品のいいスクールガール風のクラシカルなサッチェルバッグは、デイリーに使いやすいA4サイズがスッキリ収まる約13インチ。フタのベルト部分がマグネット仕様で、開閉のしやすさも◎。ハンドルと長さ調節ができるショルダーストラップが付いているので、手持ち、肩掛けの2WAYで楽しめる。フォーマルからカジュアルまで幅広いトラッドスタイルに活躍しそう。

 

タイムレスなデザインの革小物は、長く使い続けることによる経年変化も醍醐味。「グレンロイヤル」を象徴する上質なブライドルレザーは、使ううちに革がやわらかくなり、しっとりとした光沢と深みを増していく。美しくエイジングを重ねるためには、革専用の保湿クリームで定期的なお手入れをするのがオススメ。

 

長く、大切に使い続けられる逸品で、目指せ! 大人のこなれ感!!

 

〈問い合わせ先〉

JOSEPH CHEANEY

tel:03-5466-3446(渡辺産業プレスルーム)

http://cheaney.jp

 

GLENROYAL

tel:03-6263-9955(ブリティッシュメイド 銀座店)

http://www.british-made.jp

 

 

photograph:KimYongDuck

styling:Mari Nagasaka

text : Miwa Kinoshita

The post 本物志向の小物できめる、大人の風格漂うブリット・トラッド appeared first on PeLuLu(ペルル).

情報提供元:PeLuLu
記事名:「本物志向の小物できめる、大人の風格漂うブリット・トラッド