初デートの感想が長すぎて読むのが大変



初デートを無事に終えられた安心感からでしょうか。今の自分の想いをそのままLINEで表現する女性も意外と多いようです。


本人としては、すごく楽しかったこと、これからも関係を続けていきたいことをアピールしているつもりでも、彼からするとあまりにも長文のLINEが送られてくると、それはそれで戸惑ってしまうのかもしれません。


どう返事をしたらいいのかも分からず、結局返信しないままLINEを放置。さらには相手に関心がなくなってしまうケースもあります。

あくまでも初デートの感想は「シンプル」にまとめましょう。


彼女のように振る舞ってしまう



1回だけデートをして、仮にいい雰囲気のまま終われたとしても、彼から「付き合ってください」と言われていない以上、彼女としては振る舞ってはいけません。

常に距離感を意識しながら、友達以上恋人未満の時期を乗り越えていかなければいけないのです。


たとえば、彼が風邪をひいたとします。「大丈夫?」「私でできることがあれば言ってね」とLINEを送るのは許容範囲でしょう。

しかし、「私、必要なものを買って〇〇くんの家に行っていい?」「今、部屋の前まで来ているんだけど」はNGです。


彼だって、もういい大人。風邪くらいであれば「寝ていれば治る」と思っています。付き合う前から彼女のように振る舞うと、逆に「俺の領域に勝手に入らないで!」と感じられてしまう可能性あり!


初デートを終えてから写真付きでその日の感想を送り続けてしまう



初デートをしただけでは、まだお互いに付き合ったわけではありません。彼から正式な交際の申し出があったうえで、初めて彼氏と彼女としての関係が成り立ちます。つまり、デートを終えてからのLINEも、何もかも送っていいはずがないのです。


しかし、なかには「彼だってもう私のことが好きだし」と勘違いし、彼に対して連日「今日はこんな服を買ったの」「女子会だったの」と写真付きで送ってしまう人もいるようです。


彼はSNSではありません。ましてや彼氏になったわけでもないんです。

相手の許可なく勝手に近況を報告(しかも写真付きで)し続けていれば、2回目へと繋がらないのは、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。


返信がないと不安になって催促しちゃう



彼に「今日は楽しかったよ、ありがとう!」とLINEをしたのに返信がない。あなたなら、こんなときどうしますか?多くの女性が、まず不安がるでしょう。


「私、変なことしちゃった?」「彼はこのままフェードアウトする気なのかしら?」と、ありとあらゆる予測を立て、不安になっているはずです。けれど、本当にフェードアウトするつもりなのかどうかは、もうしばらく時間が過ぎてみないと分からないことです。


もしかしたら、急に仕事が忙しくなっただけかもしれないし、たまたま返信をしたつもりでいる可能性もあります。

返信がない状況に耐えられずに何度も催促する人もいるみたいですが、それだけは控えるように意識しましょう。


付き合う前から返信を催促していたら、彼だって、その先の未来が見えなくなってしまいます。



2回目のデートに誘ってもらえない原因は、実は普段のLINEにある可能性が高いんです。
何気ない一言で相手を傷つけたり、身勝手な態度をとっていたり……。今度こそ2回目、3回目へと続いていくように、LINEの送り方や距離感、連絡の頻度をすべて見直しておきましょう♡

情報提供元:myreco
記事名:「送る内容に問題あり!?2回目のデートに誘ってもらえない女子のLINEの特徴4つ