アイシャドウのつけ過ぎに要注意!


まずはアイシャドウの塗り方から。


アイシャドウを濃いめにつけると目元が強調され、目が大きくなると思っていませんか?


これが実は違うんです!!


あまりにも目元を濃くしてしまうと、黒目の印象が弱まり余計に目を小さく見せてしまう可能性あります。


アイシャドウは何色がいい?



アイシャドウの色選びですが、やはりブラウンが肌なじみが良くおすすめです。
一重や二重幅の狭い方がピンクなどの色をチョイスしてしまうと、目が腫れぼったく見えてしまうことがあります。


メイクテクニックが向上してくれば、ピンクなどのカラーメイクも上手く取り入れていく事が出来ますが

、まず最初は無難なブラウンからマスターしていきましょう!


アイシャドウ下地で光を集める



アイシャドウは濃くつけ過ぎず、自然な印象に仕上げることが鉄則です。


まずは、クリームタイプの下地を使用するようにしましょう。


アイシャドウ下地はツヤのあるタイプのものが好ましいです。
ツヤのあるタイプを使うことで、目元が明るくなり目元の印象が自然に強くなります。


また、アイシャドウ下地はアイシャドウの色を明るく見せたり色持ちを良くしてくれる効果もありますよ。


グラデーションは縦がおすすめ



次にいよいよ色を塗っていきます。
アイシャドウを塗るときの基本はやはりグラデーションです。


グラデーションというとハイライト→アクセント→締め色を横割りで入れることが一般的かと思います。
ですが、今回紹介したいのは「縦割りグラデ」です。


アイホール全体にハイライトカラーをのせ、その後に目尻からアクセントカラーをのせていきます。
ハイライトカラーとアクセントカラーの境目は、中間色のミディアムカラーでぼかすようにします。


そして、最後に締め色を目の際に入れて完成。
締め色を入れる時は、黒目の上部分だけを少し太くすると黒目が強調され、目の丸み感が増します。


またカラーを縦に入れていることで、目を開けて二重が見えにくい状態でも目元が鮮やかに見えますよ♪


濃すぎるアイラインにも要注意!


アイラインに大事なのは目尻!!



一重さん奥二重さんは濃すぎるアイメイクはご法度ということで、アイラインも例外ではありません。


アイライナーは自然な仕上がりになるブラウンがおすすめです。


まずは、ペンシルタイプでまつ毛の間を埋めるように描いていきます。


そして、次にリキッドアイライナー。リキッドアイライナーは目の際の全体には使用せず、目尻だけスッと流すような感じで使っていきます。


奥二重の場合は二重の残っている部分だけ描くようにしましょう。


リキッドアイライナーを引く際に大事なのは目尻です!
目尻を上げるように描くと横幅に広がったワイドな目元に見えるのです。


あまりにもくっきりと描いたアイラインは、目元を小さく見せる可能性もあります。


仕上がり具合を見て、綿棒などでアイシャドウやペンシルで描いた部分とぼかすのも自然な印象になるコツです。



今回は一重さん・奥二重さんでもぱっちり目元に見えるアイメイクについてご紹介しました。


実は、私自身も奥二重で若い頃からぱっちり目元に憧れて研究を重ねていました。今となってはちょっと工夫でパッチリ目を叶えることができ、メイクが一段と楽しくなったものです♪


皆さんもぜひ、自分に合ったアイメイクを見つけてみてくださいね!

情報提供元:myreco
記事名:「一重さん・奥二重さん必見!ぱっちり目元を叶えるアイメイク法♪