画像

パンダ de 育児絵日記 第24記

画像画像

ラーメン屋でさらに意気投合。

気の遣い合いだった飲み会とは違い、お互いに自然体でいれたので会話も弾みました。

ついつい何事に対しても考えすぎてしまう私にとって裏表のない主人(未来の)は、一緒にいるだけでとても安心できました。

画像

友人たちがなぜ私たちが合うと思ったのか?この時、よく分かったような気がしました。

楽しい時間は、あっという間。ラーメン以外にも、共通の趣味である音楽の話などなど…

まだまだ話したりないと思いながら、お店を後にしました。

画像画像画像

色気より食い気な私達。一緒に過ごす時間が増えていきました。

皆様は、男女の友情はありだと思いますか?
私は、「あり」だと思っていましたが…最初は気を許せる男友達だった主人(未来の)は、段々気になる異性に変わっていきました。

でも、相手は私のことをどう思っているかわからない…過去の恋愛での失敗から恋愛に対して臆病になっていた私は、自分の気持ちに蓋をしようとしました…が、

男女の友情は、どちらかが相手のことを異性として見ている場合は成り立たないのかもしれませんね。


▼前回のエピソード

恋愛の「れ」の字もなし!

▼【なれそめ話】を1話から読む

産後鬱どころか結婚も危うかった!?画像

情報提供元:Moopen
記事名:「考えすぎる私と裏表のない彼…正反対な性格を持つ二人の関係は徐々に変化