画像

ベビースイミングは人気の習い事の一つですが、一方で「習ってみたい」と興味は持つものの、細かいアレコレが気になってなかなか行動にうつせないママ達も…その気持ちよく分かります!でも実際に習ってみたら「もっと早く習えば良かった」と思うほど楽しかったです♪

ベビースイミングに対する疑問

画像

娘が1歳の時に、約半年間ベビースイミングを習いました。

比較的人気の習い事ではありますが、実際に始めるには少しハードルが高い…と感じている人も多いのが現実。

私も始めるのに多少の勇気が必要でしたが、習ってみると娘だけでなく私にとっても良いリフレッシュタイムとなり、やみつきに!

ベビースイミングを始めるにあたって、私が感じていた疑問や不安は、こんなことでした。

入会までの流れは?

私が通ったスイミングスクールでは、まず事前見学をするように言われました。

ベビークラスの時間に、ガラスの外から見学します。私は主にママさん達の様子をガン見していました(笑)

その後習いたい旨を伝えると、2回の体験コースを案内されました。

「まずは2回プールに入って、お子さんの様子を見てから入会するか判断してください」とのことでした。

水が苦手な子どもでも大丈夫?

娘は、シャワーが少し顔にかかっただけでギャン泣きするような子どもでした。

ベビースイミングを習い始めた最初の1ヶ月ぐらいは、顔に水がかかると泣いてましたね(笑)

しかし、腕に浮き輪をつけて私と一緒にプールの中を周遊するのは大好きだったので、プール自体にはすぐ慣れたと思います。

コーチは子ども達に絶対に無理をさせず、嫌がることはしません。

なかには、1時間ずっと水に入るのを嫌がる子もいて、そんな日はその子はプールサイドで遊んでいましたよ(笑)

ママはどんな水着を着用?

事前見学の際、私が一番注目していたのがママさん達の水着。特に指定は無い、とのことだったので余計に気になっていました。

そして、ほとんどのママさんがフィットネス水着を着ていたので、私も同じようなものを購入。

実際に習い始めると、派手な柄のハイレグ(死語?)水着を着ているママさんもいて、本当に何でもいいんだな、とも感じました(笑)

ママが生理中はどうするの?

私が通ったスイミングスクールでは、ママが入れない時は、別のコーチが子どもとペアになってくれるサポートがありました。

生理の日や体調がイマイチの日にお願いしているママさんがいたのを覚えています。

しかし、やはりママと離れて泣いてしまう子どもが圧倒的に多かった…

そのため、ママが入れない日は休むという選択をする人がほとんどでした。

着替えは結構大変です…

ベビースイミングは、生後6ヶ月ぐらいから習えるところが多いです。

…が、まだ自分でしっかり立てない子どもの場合、プール後の着替えが大変でした。

狭いロッカーで濡れた水着を脱がせたり、服を着せたりするのがなかなかしんどい!

我が家は子どもが女の子だったこともあり、服は子どもも私も基本ワンピースで負担を軽くしました。

お菓子を食べさせている間に着替えさせるママさんもいたり、みんな結構必死だったと思います(笑)

ママのストレス発散にも◎

子どもがメインの習い事ではありますが、育児で運動不足なママも心地よい水の中で適度な運動ができるので、気持ちよくストレス発散できますよ^^

イライラした日でも、プールに入ることで自分の気持ちを簡単に切り替えることができました!

始めるまでは「面倒」と感じる部分もありましたが、育児に疲れているママさんにこそ意義のある習い事だと感じました♪

画像

情報提供元:Moopen
記事名:「ベビースイミングの気になるアレコレ!育児に疲れたママこそプールに集まれ~♡