画像

昼間のトイトレは完了しても、なかなか取れないのが夜のオムツですよね。なんだかんだで5歳を過ぎても夜だけはまだオムツをさせてる、なんてご家庭もあるのでは?うちではあるアイテムを使い続け、4歳になる前に夜のオムツも卒業できたんです!

昼は完了しても夜はまだまだ

昼間のオムツが取れるまでにも、最初はかなりの覚悟が必要ですよね。親も子も、紙おむつの便利さに慣れてしまっているから、なかなかその便利さから抜け出すタイミングがつかめません。

うちの場合、トイトレは2歳半から始めようと計画していましたが、布パンツに興味を持つようになったことで予定を早めて2歳3ヶ月から開始。2歳半には昼間のトイトレを完了することができました。

でも夜のオムツはまた別問題。おねしょの後片付けが大変だし、そうそう毎日布団ばかり洗ってもいられない…なんて考えるとなおさらオムツが外せません。

これじゃいかん!と思い立ち、夜のトイトレを開始したのは、それから半年後、3歳になってからでした。

夜のトイトレに四苦八苦

まずは王道、トレパンマンから試してみました。でも、布パンツの感覚を覚えてしまった娘にとって、トレパンマンと言えどオムツを履くのは屈辱な模様(笑)

そこで、次に試したのがトイレトレーニング用のおしっこパッドです。生理用ナプキンの要領で布パンツに貼り付けておくと、約一回分のおしっこを吸収してくれます。

けどこれが案外漏れる(T▽T)寝相によってズレたりもするし、複数回のおしっこには耐え切れないからです。

やっぱりまだ早かっただろうか…と、洗濯の多さに辟易してオムツに戻そうかとも考えました。でもせっかく始めたのだし、何より本人がやる気。

でも、このまま続けてみるには、まずは布団を濡らさない工夫をしなくては!そうやって、頭を悩ませていたときに見つけたのが「おねしょガード」でした。

おねしょガードが布団をしっかり守る

画像

通販で見つけたおねしょガードは、重層のタオル地でできたスカートで、おねしょから布団をガードしてくれるというスグレモノ♡裾にスナップボタンが付いていて、寝相でずれたりすることがないようにできています。

だけど、これだけではガードしてくれません!(笑)あくまで布団を濡らしづらいというだけなので、おしっこが大量だったらアウトなんです(;´∀`)

そこで、パッドとおねしょガードを合わせて使ってみることに。そしたらなんと!おねしょをしても布団を濡らさない、鉄壁の守りが実現したのです!(笑)

おかげでトイトレが飛躍的に進みました。それは、洗濯物に悩まされることがなくなって、私のモチベーションが上がったためでもあります。

使い始め5ヶ月で、ほとんどパッドがいらないまでに成長!それでも年少さんのうちは、1ヶ月に1回ほどおねしょすることもありました。でも年中さんになった今は、そんなこともなくなりました♡

どうしても心配で、今でもおねしょガードだけは履いてもらってますけどね(笑)

一番必要なのは親の忍耐

画像

トイトレに一番必要なのは、親の忍耐です。うちでも、パッドをし忘れて布団をぐっしょり濡らされたり、一晩に二度おねしょされて掛けるものがなくなっちゃったこともありました。

怒ったって仕方がないのはわかってるけど、文句の一つも言ってやりたくなることだってあります。そこをぐっとこらえて、落ち込む子どもをなだめて励まして、またやる気にさせられるかが親の腕の見せどころだと思います。

親子ともども、気持ちにゆとりを持って取り組めるのが一番ですね。

情報提供元:Moopen
記事名:「オムツにサヨナラ!万が一のおねしょにも安心な超便利グッズとは!?