2016121356

コストコのマストバイアイテムと言って過言ではない『シュリンプカクテル』。およそ40尾もの蒸しエビがピリ辛トマトソース付で1,880円という、エビ好きにはたまらない商品です。

本商品、その日のうちに消費できそうなら買うという人も多いかと思いますが、調理して食べるつもりなら冷凍保存しておくのもアリでしょう。

冷凍庫で使う分だけストックしておくと、時短調理に役立つ

ラップを切り取り、1食分6〜7尾を目安に並べます。エビの水分が付いていると冷凍中に霜ができやすく、解凍時に味が落ちやすくなるため、水分は拭き取っておきましょう。

エビの乾燥を防ぐため、空気に触れないようラップを密着させて包むのがコツです。

ラップしたエビは、さらに保存袋に入れて冷凍庫へ入れておきましょう。なお、保存期間が長くなるほど水分が抜けて食感は悪くなります。冷凍保存なら1〜2週間程度で使い切りたいところです。

解凍は?

電子レンジで解凍したものがこちら。見た目は生の時と遜色ないのですが、保存期間が長くなるとエビの水分が失われ食感が悪くなります。また、『シュリンプカクテル』は冷凍食品ではないので、冷凍したエビは早めに消費しましょう。

炒め料理に使う場合は、半解凍状態でもフライパンに投入してOK。冷凍庫に『シュリンプカクテル』を保存しておけば、オカズをもうあと一品欲しい時に便利ですよ。

情報提供元:ミトク
記事名:「コストコ定番のエビ盛り『シュリンプカクテル』は冷凍保存で時短調理フードに変身!