暑いからこそ外に出たくなる性分のボクらでさえうな垂れるほどの、あまりの暑さ……。とはいっても、ただ家でクーラーに当たりながらじっとしているなんてできない! なんて人は、夏らしく海に出かけましょう!

今回は、周りと差がつく10のビーチアイテムをピックアップ。見た目も機能もいいとこ取りのギアで、いつもの海水浴をより優雅にアップデートしちゃいましょう!

海辺でまったりくつろぐために。

CHUMS「Pop Up Sunshade 3」 ¥8424

ワンタッチで誰でも簡単に設営できる、チャムスの「ポップアップサンシェード(3人用)」。フロントパネルはマジックテープで簡易的に閉めることも、トグルボタンで固定することもできます。

メッシュの通気窓からは虫に煩わされず外気を取り込むことができ、フルクローズすれば、プライベート空間のできあがり。

(問)CHUMS表参道店 tel:03-6418-4834 http://shop.chums.jp

 

THERM-A-REST「UNO CHAIR」¥15120

ディスク状のベースが非常にいい仕事をするサーマレストの「ウノチェア」。平坦な場所でなくとも安定の座り心地を実現する接地面の広さは、まさにビーチにはおあつらえ向き!

ディスクは収納にもなっていて、持ち運びにも便利。おまけに、組み替えればテーブルとしても機能。何役もこなす、できるヤツなんです。

(問)モチヅキ tel:0256-32-0819 https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/mattresses.asp

 

CAPTAIN STAG「CAMPOUT POP UP TENT DUO UV」 ¥7560

キャプテンスタッグの「キャンプアウトポップアップテント デュオUV」は約1.4畳の2人用テント。裏面のシルバーコーティングにより、名前の通り紫外線を95%もカットしてくれます。

風対策として、両サイドに錘(おもり)用の砂を入れるポケットが備わっているため、トグルを打つなどの面倒いらず。持ち運びに便利なキャリーバッグも付属。

http://www.goout.jp/item/CPSUA27.html

 

LAWNCHAIR「Low Back Beach Chair」 ¥11880

2010年にアメリカ・フロリダ州で生まれた新鋭ガレージブランド、ローンチェアの「ローバックビーチチェア」。60年代のアメリカのムードを象徴するようなカラーリングが、いま改めて新鮮に映ります。もちろんMade in USA。

アルミフレームにナイロンテープが編み込まれたシンプルなつくりは、防水性が高く軽量なうえ、折り畳み式で持ち運びにも便利です。

(問)ハイマウント tel:03-3667-4545 http://highmount.jp/

http://web.goout.jp/pickup/60407/2/

Door to Beachを軽やかに移動する。

 

MILESTO「3WAY SEAT BAG」 ¥2808

ミレストの「スリーウェイシートバッグ」は、30kgまでの荷物を持ち運び可能な、タフバッグ。持ち手が両サイドについているため、重いものは2人で運ぶことができます。

さらにバッグを展開すると、大判のシートに早変わり!ビーチに着いたら広げてレジャーシートに。撤収時にはカーシートとして車の荷台に敷けば、砂や水分で車内が汚れる心配ナシ!

(問)イデアインターナショナル tel:03-5446-9530 http://milesto.jp/

 

Coleman × Beams「OUTDOOR WAGON」 ¥16740

コールマンとビームスの定番コラボに2018年に加わった「アウトドアワゴン」。大型タイヤでスムースに移動できるワゴンがあれば、駐車場からビーチまで、重たいギアを抱えて移動する必要はもうありません!

カバー付きの収束型なので、車の荷台への積み込みも容易。ヴィンテージのバンダナ柄をベースにしたパッチワークパターンは、広いビーチでの目印にも。

(問)ビームス 原宿 tel:03-3470-3947 www.beams.co.jp

 

GERRY「Waterproof Tote Bag」 ¥3456

アメリカ山岳部隊のための剛健なギアを製造していた歴史背景をベースに、品質・機能にファッション性を融合させるアウトドアブランド、ジェリーの「ウォータープルーフトートバッグ」。PVCターポリンを採用してあるため、防水性は折り紙付き。

ひとり分のギアやビーチアイテムを詰め込んで身軽に出かけるのにうってつけのサイズは、ビーチまでの移動手段も問いません。全8色の発色よいカラーバリエーションも魅力。

(問)バイタルジャパン tel:03-6411-0510 https://www.vitaljpn.co.jp/

 

ビール片手にチルアウト。

KELTY「FOLDING COOLER」17L  ¥8640/27L  ¥9720/55L  ¥11880

ケルティの「フォールディングクーラー」は、折りたたみ可能のソフトクーラー、カップホルダー付きテーブル、というふたつの顔を併せ持つユースフルなクーラーボックス。

ほかにも、サイドのデイジーチェーン付きの持ち手、取り外して簡単に洗うことができる内部構造など、使い勝手のいい機能が詰め込まれています。クージーが2つ付属するのも嬉しいところ。そのコスパにも注目です!

(問)アリガインターナショナル tel:03-6659-4126 http://www.arg-intl.jp/blog/kelty/

 

DRINK TANKS「64oz Growler」 ¥17820

2013年にオレゴン州で誕生したドリンクタンクスの「グロウラー」は、ビールのための真空二重断熱ボトル。独自の研究開発によって、ビールを冷たいまま、かつフレッシュで炭酸が抜けない状態を保つことに成功しています。

別売りのアクセサリーを装着すればビアサーバーにも。サイズは1.9Lと、大満足の大容量。海辺でのビールは、こだわればこだわるほど良いに決まってます!

(問)サントレーディングジャパン mail:info@suntradingjapan.com https://suntradingjapan.com/

 

CASUS GRILL「CRAFT GRILL」 ¥1296

デンマークで生まれたカサスグリルの「クラフトグリル」。竹炭、火山石、竹、ダンボールといった天然素材だけで作られており、使用後はそのまま燃えるゴミとして捨てることができるインスタントグリルは「ECO FRIENDLY」を掲げているだけあり!

コンセプトが優れているだけではありません。セットアップは簡単で、ダンボールの土台を組んだら、四隅の竹炭に着火するだけ(調理可能時間は約60分)。また、重さ約1kgと軽量なうえ、サイズは梱包時でA4より少し大きいくらいとコンパクト。バーベキューグリルとしては破格の値段設定にも、思わず脱帽です。

http://www.goout.jp/category/A002006/CG170501.html

 

今夏は快適にビーチを堪能しよう。

機能だけでなくデザインにも富んだビーチギアなら、快適性はもちろんのこと、夏のキブンもアップしてくれるはず! 今年は装備にこだわって、ワンランク上の海水浴を楽しみましょう。

 

Photo/Shouta Kikuchi、メーカー提供

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「夏といえば海! 便利で差がつく、ビーチギアを厳選。