ナイキの本拠地オレゴン州に流れるデシューツ川から名付けられたモデル、AIR DESCHUTZが5月14日(木)に復活を果たす。

1992年にアウトドアがコンセプトのNIKE ACG(ナイキ ACG)から登場し、エア搭載のクロストレーニングサンダルとして話題になった傑作である。

当時の最新クッションシステムであるエアを搭載。

ナイキACG エアデシューツ ¥8800

オリジナルはスポーツサンダルの先駆けといえる、当時珍しい機能重視のデザインを採用。ファストハイクや短距離トレイルラン、大学のキャンパスなど幅広いシーンで愛用され、黒ベースにアクセントを挿すカラーは’90年代のトレンドに。

今回の復刻はオリジナルに敬意を表したルックスに、現代的カラーをオン。スタイル問わずマッチする仕上がりとなった。ソールの各所にはエアが配され、絶妙なクッション性を実現。グリップ力にも秀でており、どんな路面でもストレスなく走破できる。

水に強い疎水性素材アッパーのおかげで速乾性だって圧倒的。まさにACG=オール・コンデションズ・ギアと呼ぶに相応しい一足だ。かつての雰囲気を残しつつモダンに改良された表情は、オールドフリークだけでなく夏の相棒を探している人にも響くだろう。


(問)NIKE カスタマーサービス tel:0120-6453-77     https://www.nike.com/

情報提供元:GO OUT
記事名:「’90年代を代表するナイキ ACGの傑作サンダルが、今風カラーをまとってリバイバル!