焚き火シーズン真っ盛り! 冬を迎え、各アウトドアブランドから焚き火グッズが続々と登場していますが、ここで紹介するのはバーベキューコンロに定評のある老舗メーカー「尾上製作所」のファイヤーハンガー。

パーツの組み合わせによってスタイルアレンジができる画期的な構造で、焚き火をフル活用できる逸品が登場です。

ONOE「マルチハンガー」 オープン価格

尾上製作所は、1948年より家電メーカーとしてスタートしながら、現在ではバーベキューコンロをはじめとしたレジャーギアを中心に展開しているというちょっとかわった経歴を持つ老舗。

その尾上製作所のオリジナルアウトドブランド「ONOE」から登場するこちらのマルチハンガーは、その名の通り、マルチユースなアイデア作に仕上がっています。

4本のポールとフックなどのパーツがセットになった焚き火用ハンガー。

写真のように組み立てれば、オールインワンの焚き火ベースを作ることができるほか、ポールの先端は尖った作りになっており、地面に打ち込んでバラして使用することもできる変幻自在なデザインとなっています。

各ポールには、3つの穴があいており、付属のパーツを組み合わせることで様々な焚き火台やスタイルに対応が可能。ポール一本でもこの通り、地面に打ち込んでしまえば、ミニマルなシングルハンガーとして活躍します。

2本の支柱を焚き火台の両サイドに打ち込んで、ポールを渡せばダッチオーブンを吊るして直火調理も対応可能!

2本を使ってこんなコンパクトなスタイルにもアレンジできるので、スペースが限られている区画サイトなどでも状況に併せて設営ができるんです。

アウトドアフィールドでは焚き火が欠かせないこの時期、フィールドやキャンプサイトに縛られず、焚き火をフル活用させてくれる変幻自在の「マルチハンガー」、注目です!発売は2020年1月予定。

【SPEC(予定値)】

組み立てサイズ:約1510×685×845mm
収納サイズ:約930×95×85mm
総重量:約5.3kg


(問)ONOE tel:079-232-1261 http://shop.onoess.co.jp/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「設営スタイル無限大の、画期的焚き火用ハンガーを発見! バラして組み立ててマルチに使える。