フリースにダウン、冬のアウターはついついワンパターンになりがち。そこでマンネリを防ぐためにカウチンジャケットという選択肢はいかがでしょう。

野暮ったいイメージのあるカウチンですが、アメリカンカジュアルを得意とするANACHRONORM(アナクロノーム)と1946年創業の老舗ニットブランドKANATA(カナタ)が手を組んだカウチンは、ひと味違います!

ANACHRONORM × KANATA COWICHAN JACKET ¥58080

従来のカウチンは柄の主張が強いため、合わせるアイテムを選んでしまいがちでしたが、そこはさすがアナクロノーム。黒とグレーをベースに、素朴さとほっこり感を演出しつつも、ほどよく男っぽさを表現してくれるシンプルな一枚に仕上げてます。

また、100%ピュアバージンウールを使用し、羊毛が持つ油脂成分の働きにより撥水性と防風性が高いので、意外とアウトドアフィールドでも汎用性がありそう。

職人の手作業により作られているため、サイズや編み地に若干のばらつきがあるというのも心くすぐられるポイントです。

ゴリゴリのアウトドアウエアではありませんが、トレンドのビッグシルエットで着れば、今の気分にぴったりフィット。リラクシーな空気感がアウトドアとの相性もよく、新鮮に映ること必至です。


(問)アナクロノームコンテキストギャラリー tel:03-5784-2669 www.anachronorm.jp

情報提供元:GO OUT
記事名:「冬コーデのマンネリを打破! アナクロノームのカウチンニットはモダンで機能的。