現行JL型にスイッチして以来、以前からのファン以外からも注目を集めているジープ・ラングラー。今回、仕様変更を受けるとともに内・外装がスタイリッシュに演出された限定車「Wrangler Unlimited Altitude(アンリミテッド・アルティテュード)」が設定され、2019年11月23日(土)より210台限定で販売されます。

大人気のジープ・ラングラーが一部改良でさらに魅力度アップ!

ラングラー仕様変更後のメーカー希望小売価格は4,900,000円〜6,120,000円。「アンリミテッド・アルティテュード」は5,990,000円(税込み)。

2018年10月に現行JL型がデビュー以来、強化されたオフロード性能と、大幅に向上した居住性ならびに快適性がウケて、多くのオーナーを獲得しているそう。今回、米国本国における年次改良と、国内におけるユーザーニーズをウケた仕様変更によりアップデートされたモデルの導入が開始されます。

ジープ・ラングラーが一部改良を実施。

「Sport(2ドア)」「Unlimited Sport(4ドア)」「Unlimited Sahara(4ドア)」「Unlimited Rubicon(4ドア)」の4グレード7仕様がラインアップされ、モデルごとに仕様の見直しが実施されています。

「Sport(2ドア)」ならびに「Unlimited Sport(4ドア)」には、新たにクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報とアダプティブクルーズコントロール(STOP機能付)を標準装備。

「Unlimited Sport」は、エンジンが2.0L直列4気筒ターボ(272ps)から3.6LのV6(284ps)に変更されています。また、限定車で好評だったというボディカラーの「ヘラヤライエローC/C」が新たにカタログモデルとして設定されています。

ジープ・ラングラーのインパネ。

「Unlimited Sahara(4ドア)」は、エンジンが2.0L 直列4気筒ターボと3.6L V6の2種類から選べるようになり、レザーシートを標準装備。ファブリックシート仕様も選択できます(受注生産)。

「Unlimited Rubicon(4ドア)」は、ボディカラーに「ヘラヤライエローC/C」が追加され、従来パンプキンオレンジまたはシルバーだったダッシュボードベゼルの色は、全モデルでレッドに変更されています。

 

好評の限定車「Altitude」が、現行ラングラーに初設定。

これまでジープの他モデルで好評だった「Altitude(アルティテュード)」が、現行ラングラーに初めて限定車として設定されています。グロスブラックをアクセントカラーに使ったフロントグリルとヘッドライトベゼル、18インチアルミホイールにより、エクステリアが精悍に演出されています。

ジープ・ラングラーの外観。

インテリアでは、グロスブラックのダッシュボードベゼルや、「Mopar」製ハードトップヘッドライナー、ブラックレザーシートに加えて、ダークグレーのステッチが随所にあしらわれ、上質感が高められています。Mopar製ハードトップヘッドライナーは夏には断熱効果、冬には保温効果を発揮し、車内の快適性の向上にも寄与するそう。

限定車のボディカラーならびに販売台数は、ブライトホワイトC/Cが90台、グラナイトクリスタルメタリックC/C(内装色はいずれもブラック)は120台(※C/Cはクリアコートの略)。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「大人気のジープ・ラングラーが一部改良。限定車「Altitude」も登場でますます見逃せない!