3つのエリアからなる、体験型複合施設!

“ものづくりのまち”新潟県三条市で生まれ、いまやアウトドアの定番ブランドとなったSnow Peak(スノーピーク)。どこまでも使い勝手にこだわったモノ作りやデザイン性で、たくさんのアウトドアファンを魅了し続けています。

そんなスノーピークから、初となる体験型複合施設が2020年4月に誕生します。その名も「Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」。「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」からなる、白馬の新ランドマークです。

 

ショッピングも食事もカフェも揃う「店舗エリア」。

店舗エリアには国内最大級となるスノーピーク直営店がオープン。キャンプグッズやアパレルは豊富なラインナップで取り揃えられ、さらには白馬限定商品の販売も予定されているとのこと。

飲食店舗には、ミシュラン三ツ星獲得店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏監修のレストランがオープン。クッキングイベントやアウトドアディナーなどの体験プログラムも展開されます。

ちょっと一息のカフェタイムには、隈研吾氏設計のスターバックスがよさそう。木材を基調にした自然を感じる内装で、コーヒーを片手に目前に広がる山岳風景が楽しめます。

 

白馬の大自然を満喫する「野遊びエリア」。

野遊びエリアは、手軽にキャンプが体験できる「手ぶらCAMP」や、隈研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKO」宿泊プランなど、滞在して白馬の自然や野遊びを体験できます。

 

「イベントエリア」では人や地元との繋がりを実感。

マルシェなど様々なイベントが開催されるイベントエリアでは、キャンプの醍醐味の一つである焚き火を体験できるプログラムなどを開催。地元の人と観光客の交流の場となり、人や地元との繋がりを体験できます。

全エリアを通し、野遊びの楽しさを体験させてくれるスノーピークランドステーション白馬。白馬三山の雄大な景色を望む広々とした新ランドマークで、スノーピークの世界観や白馬の良さを再実感できるスポットとなりそうです。

【Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬) 】
住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城 白馬八方第四駐車場跡地ほか
開業日:2020年4月(予定)


(問)スノーピーク 広報部 03-6805-7738 http://www.snowpeak.co.jp/ 

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「スノーピーク初、アウトドアの“体験型複合施設”が、白馬に誕生!