いよいよ後編では、アウトドアヴィンテージの超名店が登場!

ネットで欲しいアイテムをポチるのもいいけど、実際にショップに足を運べば、思わぬアイテムとの出会いや、新しい発見があるはず。そこでGO OUTがオススメするショップをツアー形式で厳選案内。

古着好きの甲斐さんと福田さんが、久しぶりに訪れた町田でスタイルが際立つ古着屋を訪問中。前半の「デザートスノー」、「ダンジル」に続き、後半はオトナの良質古着を厳選する「ポロニア53」と、アウトドアヴィンテージの超名店「バックストリート」へ。

前編はこちらからチェック!

今回巡る4ショップは、それぞれ徒歩10分以内で行き来できる距離感。もちろんこのエリアには、他にも様々なスタイルの古着屋が存在する。これが町田が古着の聖地と言われる所以。

【SHOP3】PAULOWNIA53(ポロニア53)

東京都町田市森野1-35-2大竹ビル2B tel:042-710-0199 open:12:00~20:00 インスタグラム@paulownia_53 ツイッター@paulownia53

後半の1軒目は、2000年にオープンした「ポロニア53」。オトナが着用できる上質な古着を厳選した、最近人気の古着屋のスタイルをいち早く体現していたショップで、甲斐さんの周りにも昔からの常連が多いとか。

「ここは、いつも何も決めないでくるけど、必ず買いたいものが見つかるショップ。絶対見たことないアイテムがあるから楽しいんですよ」と絶賛する甲斐さん。

ノードストーム 80年代の総柄セーター ¥6800

そして選んだのが、シアトルのデパートメントブランド、ノードストームの総柄セーター。上品な一着ながらボリューム感もあり、着心地がよく保温性も高い。

「着こなしの幅が広がるアイテムだね。やっとこういう柄が似合うような年齢になったのかなと。多分、俺が若いときに着たら、浪人生みたいになってたよ(笑)」。

70年代くらいのハンガー ¥1500

初めて訪れた福田さんは「今まで来たことがないタイプの古着屋で、凄く独自。勉強になります」と新鮮な様子。そして店内をくまなくチェックして、ヴィンテージのハンガーを手に。

「さりげなく、こういう雑貨も売り物として置いてあるのがおもしろいですね。実はヴィンテージのハンガーが好きでコレクションしているんです。家に100本くらいあるかも。赤いカラーリングのものはかなり珍しい!!」。

イギリス軍 ボディアーマーベスト¥4800

続いて甲斐さんは、イギリス軍が現在も採用しているミリタリーアイテム、ボディアーマーベストをセレクト。こうしたサープラス系のウエアもさりげなく揃っている。

「このベストは昔から好きで、ずっと自分に合うサイズを探しているんですよ。着こなし方は難しいけど、とにかくディテールがおもしろい。やっぱりここは、かっこいい一点モノが多いね」。

ポロ ラルフローレン コーデュロイジャケット ¥9800

そして福田さんがオトナの古着として選んだ一着は、ポロ ラルフローレンのコーデュロイジャケット。年代は不明ながら状態がいいため、フォーマルな着こなしにも対応しそう。

「トレンドの太いコーデュロイの質感が気に入りました。カジュアルでもドレスでも使えるアイテムだと思うけど、あえてスウェットパンツを合わせるのがいいかなと思います」。

最後の一件は、アウトドアヴィンテージの超名店「バックストリート」

町田の古着屋巡りのトリを飾るのは、日本が誇るアウトドアヴィンテージの名店「バックストリート」。このショップを目当てに町田を訪れる人も多いが、もちろん2人も昔からの常連。

【SHOP4】Back Street(バックストリート)

東京都町田市中町1-17-4町田中町第1ビル2F  tel:042-720-0355 open:13:00〜20:00 https://backstreetstore.jp

アメリカでも珍しいレアなアウトドアアイテムが揃い、ウェブサイトには海外からのアクセスも多い「バックストリート」。特にバッグやフリース、ダウンの品揃えはかなりのもの。アウトドア古着にもかなり精通している2人でも、見たことがないアイテムがたくさんあるとか。

パタゴニア パフボールプルオーバー ¥19800

そんななか、甲斐さんが最初に選んだアイテムは、「パタゴニアの中で今1番欲しいウエア」と言うパフボールプルオーバー。こちらは2000年のモデル。

「リリースされていた頃は新品を購入して愛用していたけど、当時はフリースよりも活躍していたかな。古着でここまで状態が綺麗なのは出てこないと思うよ。色もいいね」。

オーバーライランドイクイップメント ウォーターボトル ¥1100

福田さんは天井から吊り下げられていた90年代のウォーターボトルに注目。現在は日本に入っていないブランドのため、気になってしまったとか。

「これ、昔バンブーシュートで扱っていたブランドですよね。90年代後半くらいかな。懐かしいけど改めて見ると新鮮だし、カラーリングが今っぽい気がします」。

そして今回は特別に、パタゴニアのヴィンテージカタログも見せてもらえることに。アウトドアウエアの進化の歴史そのもの、といっても過言ではない80年代や90年代のカタログは、かなり貴重な情報ソース。

アメリカのショップのスーベニアTシャツ ¥5500

続いて甲斐さんが欲しいアイテムとしてセレクトしたのは、アメリカのアイダホ州にある街、ドリッグスのショップで販売されていたスーベニアTシャツ。壮大な山の背景とフリーハンドのイラストが印象的な1枚。

「これぞまさにアメリカのTシャツ。ラバープリントの質感もいいし、往年のアウトドアブランドっぽい雰囲気も最高。こういうTシャツをさらっと着こなせるオトナがいいね」。

ゴーライト ウエストバッグ ¥6000

そして福田さんはゴーライトのウエストバッグ、スノーヒアパックも購入リストにピックアップ。90年代テイストを漂わせた配色がお気に入りの様子。

「3色使いっていいですよね。当時のアウトドアブランドっぽい。カラーリング的には、日常のスタイルに取り入れるとき合わせるスニーカーが難しそうだけど、それが逆におもしろい」。

 

「町田の古着屋は時代に媚びない感じで、いつもワクワクできる場所」。

町田で古着屋巡りをしたのは、かなり久しぶりだったという2人。それでも20年ほど通い続けてきた場所だけに、かなり愛着もある様子。だからこそ新たな発見もあったとか。

「町田の古着屋は時代に媚びてないですよね。他のエリアと比べるといい意味であまりかわってない気がするし、どのショップも自分のスタイルを貫いている感じがします。最近は再びショップ巡りをすることが多いから、今日もその延長で楽しめました。やっぱり古着はおもしろい!!」(福田さん)

「古着屋巡りの魅力は、なにかあるかなってワクワクできること。お目当てのアイテムを決めないで行くのが楽しいですよね。町田は懐かしい気持ちもありつつ、勉強になることもいっぱいありました。どのショップも古着でしか手に入らないものをちゃんと揃えていて、本当に魅力的な古着屋ばかりです」(甲斐さん)

*掲載の商品の価格は、すべて撮影時(2019年10月末時点)のものです。
*商品は古着なので、品切れの場合もあります。

Photo/Keiichi Ito

情報提供元:GO OUT
記事名:「個性貫く名店だらけ! オトナも楽しい古着街「町田」で“掘り出しモノ”を探す。【後編】