1974年のスタート以来、先進的なプロダクトを次々と繰り出し、多くのアルピニストやマウンテンガイドをサポートしているMarmot (マーモット)。続いて、’76年に誕生した日本屈指のセレクトショップであるBEAMS(ビームス)。同世代の両者による極上アウターがリリースされた。

ミリタリーモチーフに最新の機能素材を。

Marmot × BEAMS「別注 GORE-TEX®フィールド ブルゾン」 ¥69300

ビームス完全別注となるフィールドブルゾンは、ミリタリーアウターの筆頭定番、モッズコートがモチーフ。防水性が高く、軽さも抜きん出ているGORE-TEX®Pac-Liteを表地に採用し、中綿には高機能素材のPRIMALOFT®まで使用している。

ワントーンのカラーや同色の刺繍で配したブランドロゴなど、主張を抑え洗練された大人のブルゾンという印象だが、シンプルなデザインに秘められたディテールワークにも注目したい。

 

さり気なく盛り込んだ、実用的ディテールが満載。

フロントと袖口、ポケットには、次世代型のベルクロともいえるブロックテーピーを採用。ベルクロとスナップボタンをMIXしたような感覚で、手袋をしたまま操作できる。フロントはさらにジップも備えた2重構造で防風性も◎。
キルティングの裏地は肌触りが良く、畝ステッチによってミリタリー感も演出してくれる。
袖口にはブロックテーピーが2箇所にセットされ調節自在。GORE-TEXロゴと相まって全体のアクセントにもなっている。
裾に入るロゴ刺繍のさり気なさが、大人のアウトドアウエアの佇まいを感じさせる。

水に強くて保温性も圧倒的だから、厳しい冬のフィールドで頼れることこの上なし。しかも、グローブをしたままでも開閉しやすいよう、各部にテープとスナップボタンが一体になったブロックテーピーをセット。裏地のキルティングは畝ステッチにし、ミリタリー感を増強している。

カラーはカーキとブラックの2色展開。どちらも落ち着いたトーンで服を選ばずに着回せる。

ほんのりレトロなルックスに最新のテクノロジーを配した、今冬ヒット間違いなしの逸品。ファッションと実用を高いレベルで共存させた仕上がりは、歴史あるビッグネームが手を組んだというニュース性抜きにしても、アウトドアフリークを惹きつけてやまない。

また、ビームスといえば、アシックスとのゴアテックス採用コレクションもお見逃しなく。


(問)ビームス 原宿 tel:03-3470-3947 https://www.beams.co.jp/item/beams/blouson/11185109408/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「最新素材で強化した、ビームス別注マーモットの大人ミリタリーな至高のブルゾン。