冬だからといって、闇雲に防寒、防寒と暖かさばかりを求めるわけじゃないボクら。屋外はもちろん寒いのだが、待ち合わせに遅れまいと小走りしたあとや暖房の効いた電車に乗ったとき、じっとりと汗をかいてしまう。高スペックなダウンアウターを着てきたジブンを恨みたくなる。

そんな冬ならではのジレンマを解消しくれるのが、URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)が別注したBACH GARMENTS(バッハガーメンツ)のアウターだ。

WIZARD REMOVABLE JACKET ¥52800

ベースにしたのは、BACH GARMENTS定番の中綿アウター「ウィザードジャケット」。が、中綿を排し、代わりにマイクロフリースのインナーベストをつけた。

これで、上述の問題は万事解決。いまくらいの時期なら、ベストはハナっから家において外出してもいいし、あるいはベストだけ着てみてもいい。

もう少し暖かくなったらライナーとしてベストを装着。ジップでつけるだけなので、暑くなったら外してしまおう。

左胸のポケットは、付属のストラップを外すことで大きく開く。また、サイドからのアクセスも可能だ。

日本の冬をサバイブするのに重要なのは、ひたすらな防寒性の高さより、いかに小回りが効くかかもしれない。


(問)アーバンリサーチ プレスルーム tel:03-6434-9940 http://www.urban-research.com

情報提供元:GO OUT
記事名:「バッハガーメンツ×アーバンリサーチ。冬の都市生活に最適な、着脱式ベスト付きジャケット。