スズキの東京モーターショー2019への出展概要が明らかになった。なんといっても注目したいのは、次期ハスラーと目される「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」だろう。

そのほか、ワールドプレミア(世界初出展)としては3台のコンセプトカーの出展が予定されている。

また、ジムニー&ジムニーシエラやスイフトスポーツなど、既存の人気車をまとめて生で見て触れる最大のチャンス!

 

「HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)」

言わずと知れた人気の軽クロスオーバーワゴン「ハスラー」の次期モデルを示唆するコンセプトモデル。各部の仕上がりを見る限り、ほぼ市販仕様に近いものと考えていいだろう。

現行の初代ハスラーは絶大なセールスを記録し、デザインも含めて今なおその魅力は一切色褪せない。「まだモデルチェンジしなくていいのでは?」というのが多くの人の率直な感想だろう。

そんな大評判のハスラーだけに、次期モデルも基本的にはキープコンセプト。ひと目でハスラーとわかる個性に溢れている。

その一方で、仔細に見ていくと、サイドのリヤゲートの上方に向かっての絞り込みが抑えられ、現行モデルよりもボクシーなスタイルになっていることがわかる。ポップなデザインとフレンドリーさはキープしながらも、そのキャラクターを壊さない範囲でスペース性を向上させているものと思われる。

そしてインテリアには大胆な遊び心が取り入れられているのもわかる。こちらも実車を確認できるのが楽しみでならない。

とにかく、モーターショーではスズキブースが黒山の人だかりになることは間違いない。楽しみだが、それなりの気合いと覚悟も必要かも知れない。

 

「WAKUスポ(ワクスポ)」

「いつでも、誰でも、どこへでも。楽しさ、ワクワクをシェアリング」をテーマに提案されたパーソナルコンパクトPHEVのコンセプトモデルが「WAKUスポ(ワクスポ)」だ。

世代を超えて、日常使いでも趣味使いでも、一台で楽しさ、ワクワクを家族内でシェアリングできることを目指したパーソナルコンパクトPHEVで。

Aセグメントのコンパクトボディに、車体形状、フロントマスク、インテリア表示コンテンツを切り替える「ワクワクスイッチ」を搭載。ひとりひとりの楽しさ、ワクワクに応えてクルマが変化し、みんなで共有できる未来の「小さなクルマ」を提案する。

 

「HANARE(ハナレ)」

「誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できる」をコンセプトに掲げたモバイルルーム自動運転車「HANARE(ハナレ)」。

先進的PHEVながら昔ながらのクルマ好きに訴える魅力に満ちた「ワクスポ」に対し、こちらは完全に未来型モビリティの提案だ。

 

スズキはこのハナレを「AI、ロボットによる超効率化社会の中でも、“人のつながり“や“人のこだわり“など、人間らしい欲求を大切にし、クルマを所有する新たな喜びを提案する自動運転車」としている。

家の「離れ」のようなほどよい大きさの室内空間が移動することで、運転以外の楽しさ、ワクワクを提案。ライフスタイルがさらに多様化する未来において、様々な使い方や利用シーンに対応するという。

 

「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」

軽商用車「エブリイ」をベースに、ベビー用品を扱うコンビ(株)とコラボレーションしたコンセプトモデル。社会に役立つ軽商用車として、屋外イベント会場や災害時の避難所等で、安心しておむつ替えや授乳ができる車両を提案する。

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「新型ハスラーも登場!? スズキが出展予定のコンセプトカーを発表!【東京モーターショー2019 速報】