新型Aクラスに続き、Bクラスもフルモデルチェンジを受けました。

2019年6月6日に発表、予約受注が開始された新型メルセデス・ベンツBクラスは、Aクラスと同じように「MFA」プラットフォームを使って仕立てられています。発表された2グレードのうち「B 180」は今年7月頃、「B 200 d」は同年10月頃のデリバリーが予定されています。

先代Bクラス同様に広い室内と荷室によりAクラスとの差別化が図られていて、スポーティなエクステリアと高い質感を誇るインテリアも特徴です。新しいマルチメディアシステムである「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクス ペリエンス)」や、Sクラスに搭載されている最新の安全運転支援システムを採用するなど、装備面の進化、充実も見どころです。

新型Bクラスは、先代でも定評のあった大人4人が快適に過ごせる広いキャビンがさらに拡大され、居住性をさらに改善。前席の室内幅は1,456mmで先代よりも33mm拡幅し、フロントのヘッドルームも1,052mmと5mm広くなっています。また、リヤシートのバックレストは「4:2:4」の分割可倒式で、4人乗車しながら長尺物の積載も可能。

パワートレーンとラインナップは、1.4Lの直列4気筒ターボエンジンに7G-DCT(7速デュアルクラッチトランスミッション)の組み合わせになる「B 180」と、2.0L直列4気筒クリーンディーゼルターボに、8G-DCT(8速デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされた「B 200 d」を用意。

先進安全装備では、Sクラスと同等のシステムがオプション設定されているのが特徴です。歩行者や車両の飛び出しを検知した際や、先行車両や障害物を回避できない場合の衝突被害軽減レーキによる被害軽減機能、車線維持機能を用意。さらに、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能なども採用されています。

また、先行車との車間距離だけでなく、周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視。

また、Bクラス初となるステアリングアシストも採用されていて、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労が大幅に低減されます。

車線変更機能である「アクティブレーン チェンジングアシスト」は、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更。

さらに、走行中にドライバーが気を失うなど万が一の際には、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する 「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も搭載されます。

新型メルセデス・ベンツBクラスの価格は、1.4Lガソリンを積む「B 180」が3,840,000円、2.0Lディーゼルターボの「B 200 d」は4,220,000円。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「新型メルセデス・ベンツBクラスがフルモデルチェンジ。広い室内と荷室が自慢。