肺炎患者のうち、誤嚥性肺炎とそれ以外の肺炎の割合は60代ではだいたい半々くらい。それが70代では70%以上、80代では80%以上が誤嚥性肺炎となっていきます。60代以降、右肩上がりに多く発症する傾向があるのです。嚥下体操で飲み込む力を鍛えて誤嚥性肺炎を予防しましょう。

嚥下体操で飲み込む力を鍛えて誤嚥性肺炎予防

嚥下体操で飲み込む力を鍛える

齢をとると反射機能は衰える一方。だからこそ、将来に誤嚥性肺炎にならないためには、自分の飲み込む力を鍛えておくことが大切。そのためには、のどの筋力を鍛える嚥下体操が効果的です。

まずは自分の飲み込む力が弱っていないかをチェックしましょう。チェックの仕方は、人差し指と中指を喉ぼとけを軽く挟むように当てます。この状態で唾液を飲み込むと、喉ぼとけが人差し指をいったん超えてまた元に戻るはずです。

これを1回とカウントして、30秒間で唾液を何回飲み込めるかをチェックします。クリア基準は6回。5回以下の人は飲み込む機能が落ちている可能性があります。さらに2回以下だった人は、すでに誤嚥をおこしやすい状態です。

嚥下体操は1日3回で6週間で効果

このように衰えてしまった飲み込む力を上げるなら、のどの筋肉を鍛える嚥下体操が有効です。嚥下体操のやり方は、仰向けに寝た状態で行います。

嚥下体操は仰向けの姿勢から、つま先を見るように頭を上げるだけ。この体勢を1分間キープします。これでのどの筋肉を鍛えることができるのです。

嚥下体操は1日3回が目安。6週間ほど続ければ飲み込む力がアップして、効果が出始めるでしょう。誤嚥性肺炎を予防するために、1日3回の嚥下体操にトライしてみてください。

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「嚥下体操で飲み込む力を鍛えて誤嚥性肺炎予防