いくらダイエットしても痩せないという人は、骨盤のゆがみに原因があるかもしれません。骨盤のゆがみの犯人はお尻の奥にある「梨状筋」。梨状筋の動きの左右差が骨盤のバランスを崩しているのです。梨状筋ストレッチで骨盤のゆがみを治してダイエット体質になりましょう。

梨状筋ストレッチがダイエットに効果的

梨状筋に左右差で体がゆがむ

骨盤は上半身と下半身をつなぐ人間にとって重要なパーツです。この骨盤のバランスが崩れると、関節の動きに左右差が発生。筋肉の使われ方も左右で偏ってきます。その結果、体がゆがむことになるのです。

そして、このゆがみこそがダイエットで痩せない原因になります。ゆがみの元である骨盤のバランスを整えることが、ダイエットには重要です。

この骨盤のバランス崩れに大きく関わっているのが、お尻の内側のインナーマッスルである梨状筋。この梨状筋が左右で同じように動いていれば、骨盤もバランスが保たれているということ。しかし、梨状筋に左右差ができると、股関節の動きも骨盤のバランスも崩れてしまいます。

梨状筋ストレッチ

梨状筋ストレッチを朝晩2回ずつ

この梨状筋の左右差を整えるのが梨状筋ストレッチ。両手をお尻の後方に置いてひざを立てて座ったら、ももからひざまでをピタリとくっ付けます。ちょうど、ひざから下がハの字になるように足先を広げるのです。

そして、少しずつ足先を開いて左右どちらかに痛みを感じたところで30秒キープ。梨状筋ストレッチを朝と晩に2回ずつ行うことで、梨状筋の動きに左右差がなくなってくるはずです。

ポイントはハの字に開く脚の角度を、痛いと感じる脚に合わせること。あくまでも梨状筋ストレッチの目的は、左右差をなくすこと。それが骨盤のゆがみを解消していくのです。

■「梨状筋ストレッチ」おすすめ記事
梨状筋ストレッチは両足を「ハ」の字にして座る
梨状筋ストレッチでお尻のコリをとって腰痛解消
梨状筋を伸ばすストレッチで坐骨神経痛が改善

■「ストレッチ」おすすめ記事
腸腰筋ストレッチでぽっこりお腹を即効解消!
新事実!筋トレ前のストレッチで効果が半減

■「ダイエット」おすすめ記事
筋トレダイエットに効くちょいアレンジスクワット
下腹部ダイエットになる「点字ブロック」歩き
下腹に効く!ダイエット効果の高いウォーキング
縄跳びダイエットには食欲を抑制する効果がある
ドローインダイエットは1日2分で食事制限ナシ

【関連リンク】
ダイエットは筋トレだけでも十分に痩せられる
ダイエットウォーキングは週2~3回でOK
お腹痩せには即効性で「むくみ取りマッサージ」
体脂肪を減らす計算式を理解して簡単ダイエット
下半身ダイエットの方法を変えたモデルのSHIHO

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「梨状筋ストレッチがダイエットに効果的な理由