ウエストを細くする方法には腹筋のインナーマッスルが重要な役目を果たします。すなわち、インナーマッスルが内臓を正しい位置に戻してウエストを細くするのです。腹筋のインナーマッスルを強化することで、ウエストを細くする方法を見ていきましょう。

ウエストを細くする方法はインナーマッスル

ウエストが太くなる原因とは?

筋肉には大きく分けて2種類あります。1つは筋トレで鍛えられるアウターマッスル力こぶや割れた腹筋など、外見ですぐにわかる筋肉になります。そして、もう1つがインナーマッスルです。

インナーマッスルは体の深部にあるため、外からわからない筋肉。その役割は体幹を整えたり、血液循環を促したりすることにあります。なかでも、腹筋のインナーマッスルとしての重要な役割が、内臓を正しい位置に保って姿勢を安定させることです。

昔はインナーマッスルが、日常の動作で自然に鍛えられていました。しかし、現代ではなかなか鍛えられていないのが現状。そして、インナーマッスルの衰えによって内臓が正しい位置より下がってしまうのが、ウエストが太くなる原因です。

ウエストを細くする方法とは?

そこで、ウエストを細くする方法ならヒップリフトがオススメ。手軽に腹筋のインナーマッスルが鍛えられます。ヒップリフトは仰向けに寝た楽な姿勢から、骨盤を持ち上げて体をまっすぐに保つエクササイズです。

ウエストを細くするヒップリフトの方法は、まず両足を軽く開いて仰向けになって膝を直角より曲げた状態になります。腕は体に沿って床につけて手の平は上向きにして、つま先はアップしてください。

このとき、床につけた背中は左右の肩甲骨をしっかり寄せておきます。胸を張って両肩を床に押し付けるようにするとよいでしょう。この姿勢から、肩と股関節と膝が一直線になるように骨盤をリフトアップ。とくにお腹に力を入れて、お腹をポッコリさせないようにします。

5秒ほどキープしたら元の位置に戻って、すぐにまた骨盤を持ち上げてください。元の位置に戻るときは、お尻を床に下ろしきらないところまで。これを10回繰り返します。これがウエストを細くする方法です。

■「ウエスト」おすすめ記事
体幹を鍛えるとウエストにくびれができる!
オチョダイエット5分でウエスト5センチ減!!
オチョダイエット効果はウエストだけじゃない
木場克己のウエストにくびれを作る体幹トレ
ウエストのダイエットならインナーマッスル腹筋
ウエストのくびれはインナーマッスル腹筋が作る
ウエストの引き締めに腹筋運動が効かない理由

■「インナーマッスル」おすすめ記事
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!

【関連リンク】
ダイエットは筋トレだけでも十分に痩せられる
ダイエットウォーキングは週2~3回でOK
お腹痩せには即効性で「むくみ取りマッサージ」
体脂肪を減らす計算式を理解して簡単ダイエット
下半身ダイエットの方法を変えたモデルのSHIHO

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「ウエストを細くする方法はインナーマッスル強化