ウエストのダイエットならインナーマッスル腹筋が効果的です。というのも、ウエストが太くなるのは「内臓下垂」に原因があるからです。内臓下垂の解消にはインナーマッスル腹筋が重要な役目を果たします。ウエストをダイエットするためのメカニズムを見ていきましょう。

ウエストのダイエットならインナーマッスル

ウエストダイエットは内臓下垂の解消

インナーマッスルは姿勢を保持するために使われる筋肉。意識していないとどんどん弱っていきます。とくに腹筋のインナーマッスルが衰えると、内臓下垂が発生。内臓が正しい位置から下がって横に広がって、ウエストを太くしてしまうのです。

このため、いわゆる腹筋運動ではウエストはダイエットできません。腹筋運動で鍛えられる筋肉は、垂れ下がった内臓の位置を元に戻してはくれないのです。

このため、ウエストのダイエットには内臓下垂を解消することが重要になります。つまり、衰えたインナーマッスル腹筋を鍛え直さなければなりません。だから、ウエストのダイエットにはインナーマッスル腹筋が効果的なのです。

ウエストをダイエットするメカニズム

ウエストダイエットに効くインナーマッスル腹筋は、お腹をへこませた状態をキープすることで鍛えられます。立っていても座っていても、思いついたときにお腹をへこませた状態をキープするのです。

ウエストダイエットのやり方は、深呼吸して息を吐くと同時にお腹をへこませます。その状態をキープして呼吸を継続。息を吐くときに、さらにお腹をへこませるように力を入れるのです。

インナーマッスル腹筋を鍛えて内臓が正しい位置に戻ると、ウエストは自然と細くなります。腹筋のインナーマッスルも付いていますから基礎代謝もアップ。内臓も正しい位置で活性化するので、便秘などを解消してくれます。これがインナーマッスル腹筋がウエストをダイエットするメカニズムです。

■「ウエスト」おすすめ記事
体幹を鍛えるとウエストにくびれができる!
オチョダイエット5分でウエスト5センチ減!!
オチョダイエット効果はウエストだけじゃない
木場克己のウエストにくびれを作る体幹トレ
ウエストのダイエットならインナーマッスル腹筋
ウエストのくびれはインナーマッスル腹筋が作る
ウエストを細くする方法はインナーマッスル強化
ウエストの引き締めに腹筋運動が効かない理由

■「ダイエット」おすすめ記事
筋トレダイエットに効くちょいアレンジスクワット
下腹部ダイエットになる「点字ブロック」歩き
下腹に効く!ダイエット効果の高いウォーキング

【関連リンク】
ダイエットは筋トレだけでも十分に痩せられる
ダイエットウォーキングは週2~3回でOK
お腹痩せには即効性で「むくみ取りマッサージ」
体脂肪を減らす計算式を理解して簡単ダイエット
下半身ダイエットの方法を変えたモデルのSHIHO

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「ウエストのダイエットならインナーマッスル腹筋