お腹をシェイプアップするならインナーマッスル腹筋が重要。お腹が太くなっている原因は、臓器が全体的に下がってしまった「内臓下垂」と、それを包み込む腹腔内に蓄積された「内臓脂肪」。インナーマッスル腹筋を鍛えなおして、お腹をシェイプアップしましょう。

シェイプアップにインナーマッスル腹筋

内臓下垂の解消でシェイプアップ

お腹のシェイプアップに効くインナーマッスルは、アウターマッスルと呼ばれる表面的な筋肉と対比されて使われる言葉。腕立て伏せや腹筋運動などで鍛えると盛り上がってくる筋肉がアウターマッスルです。

一方のインナーマッスルは、体の深い部分にある筋肉のこと。おもに姿勢を細かく調節していたり、関節を正しい位置に保ったりする働きをしています。体の深層にあるため、手で触れたりすることはできません。

そして、インナーマッスル腹筋とはアウターマッスルの腹筋の下にある、内臓群を正しい位置に保つための筋肉のこと。この筋肉が衰えているために内臓下垂がおこっています。お腹のシェイプアップには、この内臓下垂の解消が必要です。

内臓脂肪の解消でシェイプアップ

また、インナーマッスルの衰えは基礎代謝の低下も招きます。基礎代謝が落ちるとそれまでと同じ量を食べてもエネルギーが余ってしまい、結果的に脂肪が体に溜まってしまうことに…。これが内臓脂肪として蓄積されるのです。お腹のシェイプアップには内臓脂肪の解消も必要になります。

この内臓下垂と内臓脂肪の解消に効くのがインナーマッスル腹筋を鍛え直すこと。インナーマッスル腹筋によって内臓が正しい位置に戻すことで、太くなったお腹をシェイプアップできるのです。

インナーマッスル腹筋を鍛え直す筋トレを行えば、エネルギーとして脂肪が燃焼します。内臓脂肪は真っ先にエネルギーとして消費される脂肪。インナーマッスル腹筋を鍛えることは内臓脂肪の減少にもつながって、シェイプアップで切るのです。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
基礎代謝量を上げる秘密はインナーマッスル腹筋
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋
腹筋を割る方法!インナーマッスルに秘密アリ!!
高齢者に最適!インナーマッスルを鍛える体操
腹筋のインナーマッスルは「腹横筋と腹斜筋」
腹横筋はお腹を引き締めるインナーマッスル
体幹を鍛えるピラティスでインナーマッスルを強化

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「シェイプアップするならインナーマッスル腹筋