季節の変わり目はとかく眠気が抜けないもの。そんなときは「パワーナップ」で効率的に睡眠をとることで、眠気とおさらばできるかもしれません。パワーナップとは、簡単にいえば昼寝のこと。昼寝の効果を実証するのがパワーナップ研究といえるでしょう。パワーナップとは何かを見ていきます。

パワーナップは眠気をとるうえに作業効率アップ

パワーナップは睡眠の効用を最大化

「パワーナップ(power-nap)」とは、短時間睡眠の研究が進んでいるアメリカで提唱されている、15~30分程度の短い仮眠のこと。アメリカのコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースが提唱している睡眠法です。

パワーナップの時間は15~20分が適度な長さ。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされています。このパワーナップ、ただ眠気をとるだけでなく、その後の作業効率も上がるのです。

実際、アメリカ海兵隊がパトロール前には必ずパワーナップを取ることを義務付けているほど。とくに頭を使うエンジニアを抱える企業では、パワーナップ専用ポットを設けているところもあります。

パワーナップの前にカフェイン摂取

パワーナップの場所は仮眠室や会議室、車の中などの暗い個室が理想的。とはいえ、そんな環境がないという人も多いでしょう。そんな場合はヘッドホンやサングラスなどでそれに近い環境を作りましょう。

仰向けで眠るのが理想ですが、最悪の場合は机の上に突っ伏していてもOKです。ただし、パワーナップは30分を超えて眠ってしまうと深い眠りに達してしまうために、起きたときに疲れを感じてしまいます。

パワーナップの眠りすぎを防ぐには、眠る前にコーヒーなどのカフェインを摂取する「カフェイン仮眠」が有効。コーヒーに含まれるカフェインの覚醒効果が現れるまでの時間は約30分。パワーナップをとる前に飲めば、ちょうど30分ほどで目が覚めるというわけです。

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「パワーナップは眠気をとるうえに作業効率アップ