よく眠れる方法に、夜に強い光を見ることはNGとされているのはご存じのとおり。ただし、なぜ強い光を見ることがNGかのメカニズムを知っている人は少ないでしょう。そこには、快眠の鍵となる睡眠ホルモンが大きく影響しています。よく眠れる方法と睡眠ホルモンの関係を見ていきましょう。

よく眠れる方法に強い光を見ることがNGな理由

よく眠れる方法には睡眠ホルモン

よく眠れる方法と睡眠ホルモンには深い関係があります。水が出る「蛇口」と、それを受ける「ビーカー」を想定してください。ここで、蛇口は「脳」、ビーカーは「体」となります。

朝7時に太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンを出すスイッチがオン。すると、その14時間後の夜9時になると、蛇口から睡眠ホルモンが出始めるのです。太陽の光が睡眠ホルモンを14時間後に出すスイッチになっています。

そして、ビーカーにある程度の量が溜まってくると、ちゃんと眠りに付くことができるというわけ。よく眠れる方法とは、しっかり睡眠ホルモンを出すスイッチを入れて、十分に睡眠ホルモンを溜めることといえるでしょう。

よく眠れる方法は太陽の光を浴びる

ところが、夜になってベッドでスマホやパソコンをいじって強い白い光を見てしまうと、蛇口から出る睡眠ホルモンの量が減少。ビーカーの睡眠ホルモンがなかなか必要な量に達しないために不眠になっていまいます。

これが、よく眠れる方法に夜に強い光を見ることがNGな理由です。とはいえ、夜に強い光を見ないというのも難しいもの。生活のいたることころに強い光があふれています。一番簡単な方法は、サングラスをして過ごせばよいでしょう。

一方、よく眠れる方法として朝に太陽の光を浴びることが大切ですが、曇っていたり雪が降っていたりと、空が暗いときはどうしたらよいのでしょう? じつは曇りの日でも外に出れば1万ルクスくらいの明るさがあります。雨の日もそれくらいの明るさです。曇りや雨でも窓際で外を見ることがよく眠れる方法なのです。

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「よく眠れる方法に強い光を見ることがNGな理由