内転筋はスポーツパフォーマンスの向上に欠かせない筋肉です。サッカーなどのクロスステップやサイドステップ、野球の投球やバッティングは、内転筋が適切に働くからこそスムーズに動作できます。内転筋は女性よりも男性の方が硬くなりがち。そんな内転筋ストレッチは筋膜をほぐしてからが効果的です。

内転筋ストレッチは筋膜をほぐしてからが効果的

内転筋ストレッチ前に筋膜リリース

まずは内転筋が硬いかどうかチェックしましょう。両足を大きく開いてつま先を外側に向けたら、ひざと足首の角度を90度になるように腰を落とします。両手をひざの上に乗せ、上体を左右にひねるのです。

この体勢でひざが90度になるまで腰を落とせなかったり、上体が前に倒れる場合は内転筋の柔軟性に問題があります。こまめな内転筋のストレッチが必要です。

さっそく内転筋をストレッチしたいところですが、その前に筋膜のリリースから。床に横になって下側の足を伸ばしたら、上側の足のかかとを太ももの内側に乗せてください。かかとをひざと足の付け根を移動させながら30秒ほどほぐしたら、反対側も同様に行います。

内転筋の動的ストレッチは股割り

続いて、軽めに内転筋をストレッチ。両足を大きく開いて立ったら、両手を骨盤の横につけます。そして、上体をまっすぐにしたまま股関節から横に倒すのです。倒した側の内転筋がストレッチされます。両側に30秒ずつ倒してください。

さらに、内転筋を動的にストレッチします。両足を大きく開いてつま先を外側に向けたら、ひざが直角になるまで腰を落として腰割りのポーズ。左右のひじをひざに乗せたら、骨盤を前後に20回、左右に20回ずつ細かく動かすのです。

内転筋ストレッチの仕上げは股関節を大きく開閉します。イスの後ろに立って背もたれを両手でつかんだら、片足を大きく外側に振り上げて、そのまま内側に振り下げるのです。おへそを正面に向けたまま振り子のように20回。反対側も同様です。

【関連リンク】
自宅の風呂で筋トレ!たった1分半の腹筋メニュー
女性が腹筋を鍛えるならインナーマッスルが最適
相撲のシコ踏みは腸腰筋の鍛え方に最適だった
腹筋の正しい鍛え方には「腹式呼吸」が大切だった
腹筋を毎日鍛えられる1回たった30秒のやり方?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「内転筋ストレッチは筋膜をほぐしてからが効果的