内臓脂肪と聞くと、肉や油といったギトギトした食事をイメージする人が多いでしょう。しかし、内臓脂肪で気を付けるべきは「ラーメンライス」といった、ダブル炭水化物のメニュー。じつは内臓脂肪を溜め込みやすい食事なのです。むしろステーキセットやトンカツ定食の方がヘルシーなのでした。

内臓脂肪を減らすなら「ラーメンライス」はNG

消費しきれない糖が内臓脂肪になる

炭水化物はブドウ糖になって消化吸収され、私たちが活動するエネルギー源になります。ただし、消費しきれなかった糖は内臓脂肪や皮下脂肪として体に溜め込まれてしまうのです。

食事をすると血液の中に糖が放出され、血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、血糖値を下げようとして膵臓のからインスリンが分泌。インスリンが血液中の糖を細胞内に送り込み、細胞内に取り込まれた糖はインスリンによって脂肪に作り替えます。こうして、糖は脂肪細胞の中にいったん蓄積されるのです。

脂肪細胞の数は決まっていて、糖を放出したり吸収したりしています。しかし、脂肪細胞の容量には限界があって、糖の量が多いと吸収されずに、血管にペタペタと張り付いた状態になってしまうのです。

内臓脂肪で注意したい外食メニュー

これを解決するため、脂肪細胞は肥大化。お腹まわりに内臓脂肪として蓄積されるのです。内臓脂肪というと肉や油などの食事をイメージしますが、炭水化物だけでも人間の体はどんどん太っていくわけです。

このため、内臓脂肪で注意したいのが、ラーメンライスやうどんと丼などのセットメニュー。ダブル炭水化物のメニューは、内臓脂肪を溜め込みやすい食事だからです。

その意味では、ステーキセットやとんかつ定食のほうがずっとヘルシーで、内臓脂肪が溜まりません。タンパク質や野菜も一緒に摂れるため、栄養に偏りがないからです。内臓脂肪を減らすには外食メニューを見直す必要もあります。

【関連リンク】
その気になればすぐ!?内臓脂肪レベルの落とし方
「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
ぽっこりお腹を引き締めるインナーマッスル腹筋

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「内臓脂肪を減らすなら「ラーメンライス」はNG