ふとした拍子に、口からポロッと出てくる白い粒。潰すとひどい悪臭がして驚いたという経験はありませんか? これは「臭い玉」と呼ばれるもの。正式名称は「膿栓」です。この臭い玉、放っておくと重大な病気を発症することもあります。そこで、臭い玉の原因について詳しく見ていきましょう。

口からポロっと出る白い粒「臭い玉」の原因とは

臭い玉の原因は細菌の死骸の集まり

臭い玉は、のどのあたりに引っかかりを感じて、奥から吐き出してみると出てきたりします。白い小さな米つぶのような塊で、感触はプヨプヨ。潰すと悪臭を放ちます。なぜなら、臭い玉は細菌の死骸の集まりだからです。

臭い玉は、扁桃と呼ばれるのどのへこんだ部分に入っています。扁桃はいわゆる扁桃腺と呼ばれてきた場所で、のどの両脇にある丸い部分のこと。左右に1つずつあります。

本来、扁桃は感染を防ぐ役割を果たす部位です。しかし、疲労のために体の抵抗力が弱ったりすると、扁桃の病原菌の力が体の抵抗力を上回ってしまいます。こうして、扁桃に臭い玉の原因となる細菌が集まってしまうのです。

臭い玉ができる原因は口呼吸にある

実際、出てきた臭い玉を1万倍に拡大して見てみると、細菌の死骸の集まりが見えます。細菌の種類としては、歯周病菌や大腸の悪玉菌などの仲間。臭い玉が放つ悪臭は、この細菌に原因があるのでした。

そして、臭い玉ができる原因は口呼吸にあります。口呼吸は口内を乾燥させるだけでなく、扁桃に空気中のばい菌をじかに触れさせることになるのです。その結果、臭い玉の原因となる細菌が繁殖してしまいます。

臭い玉が月に3~4回出ることが3か月以上続いたら、それは慢性扁桃炎という立派な病気。慢性慢性扁桃炎は放っておくと、免疫系の異常がおこりやすくなります。掌蹠膿疱症や腎臓病などの病気になることがあるのです。

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「口からポロっと出る白い粒「臭い玉」の原因とは