鼻が詰まると口呼吸となってしまうため、あまり体によい影響は与えません。鼻が詰まる状態はなるべく早く治したいものです。そこで、詰まった鼻をスーッと治すツボを紹介しましょう。首の後ろにある「風池」と小花の脇のくぼみにある「迎香」が鼻が詰まるとき試したいツボです。

鼻が詰まるとき試したいツボ「風池」と「迎香」

鼻が詰まるときにことはストレス

風邪やインフルエンザにかかったときにストレスとなるのが鼻が詰まること。そんな鼻の詰まりをスーッと治すツボは「風池(ふうち)」。風池は鼻が詰まるときに効くだけでなく、くしゃみを改善するのにも効果的です。

風池があるのは首の後ろにあるくぼみの、髪の生え際に左右に1か所ずつ。鼻が詰まるときに風池を押すときは、両手で後頭部を抱えるようにして親指で髪の生え際を刺激するとよいでしょう。

鼻が詰まるときに風池を押すなら、手の平をよく温めるとより効果が上がります。両手の爪の生え際を人差し指と親指で2~3回ずつもんだあと、手の平を温かくなるまでこすり合わてから押すとよいでしょう。

鼻が詰まるときに試したツボ押し

鼻が詰まるときに風池を押す強さの目安は、自分が気持ちよいと感じる程度。押す時間は3分くらい。ツボを押しているうちに、鼻の詰まりがスーッと楽になってくるはずです。

鼻が詰まるときに試したツボに「迎香(げいこう)」もあります。場所は小鼻の脇のくぼみです。人差し指で下から上に押し上げるように刺激します。3秒押したら6秒休むテンポで、3回押すのが基本です。

鼻が詰まるときに迎香を押すなら、横になってマッサージするとより効果的。右の鼻が詰まるときなら左を下に、左の鼻が詰まるときなら右を下にして横になりましょう。

■「鼻が詰まる」おすすめ記事
鼻づまりの原因はじつは鼻水ではなかった件
鼻づまりの原因は鼻水ではなく粘膜の膨張だった
鼻づまり解消にぜひ試してほしい方法まとめ
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
鼻づまりツボは「風池」と「迎香」が効果アリ
隠れ鼻づまりで寝ている間だけ口呼吸になる理由
鼻づまりと鼻水でアレルギー性鼻炎の薬は違う
鼻づまり解消には何の成分を含む風邪薬が効く?
鼻づまりが片方だけ…は重大な病気かもしれない
片方だけの鼻づまりは虫歯が原因かもしれない

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「鼻が詰まるとき試したいツボ「風池」と「迎香」