汗が臭いのは「悪い汗」をかいている証拠です。しかも、汗が臭い人は代謝が下がって太りやすくなっている可能性があります。「汗が臭い・ベトベトしている・汗がしょっぱい」という人は注意しましょう。汗が臭い人に何がおこっているのか、詳しく見ていきましょう。

汗が臭い人は代謝が下がっている可能性が高い

汗が臭い原因は汗腺のろ過機能低下

汗が臭い原因は大きく2つあります。1つめの原因は「汗腺の機能低下」です。そもそも汗は、代謝を行うために重要な役割を担っています。その汗を出しているのが、皮膚にある汗腺です。

汗腺は血液中から水分やナトリウム、マグネシウムなどのミネラルを取り込んで汗として分泌します。この分泌された汗が蒸発したとき、体から気化熱が奪われて体温が下がるという仕組みです。

ここで、汗腺には再吸収という大切な働きがあります。血液から一度取り込んださまざまなミネラルを、汗腺がろ過して再び体内に吸収させるのです。再吸収されたミネラルは代謝などに使われます。

汗が臭いと代謝も下がってしまう

すなわち汗が臭い人は、汗腺のろ過機能が低下することで、代謝に必要なミネラルまで放出しているということ。結果的に、代謝が下がってしまいます。

汗が臭い原因の2つめは「汗腺の休眠」です。全身には、およそ400万個の汗腺があります。しかし、現代人は汗腺の半分ほどしか使っていません。使われていない汗腺は休眠状態ということです。

そして、多くの汗腺が休眠状態になると、代謝が下がることになってしまいます。なぜなら、多くの汗腺が休眠状態だと残った少ない汗腺で、たくさん汗を出す必要があります。すると、汗腺が代謝に使われるミネラルをろ過する間もなく一気に大量放出。これが汗が臭いと代謝も下がってしまうメカニズムです。

■「汗が臭い」おすすめ記事
汗が臭い原因は汗腺の機能低下と休眠だった
汗が臭いのではなく「古い汗が臭くなる」が正解
汗が臭いときはジョギングで汗腺トレーニング

■「汗」おすすめ記事
サウナダイエットで体重が落ちても痩せない理由
汗腺トレーニングで代謝を上げる方法とは?

■「代謝」おすすめ記事
基礎代謝量を上げる秘密はインナーマッスル腹筋
腸腰筋で基礎代謝を上げることで「夏太り」を回避!
基礎代謝を上げるならどこを鍛えるのが効果的?
脊柱起立筋は基礎代謝に効くインナーマッスル

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「汗が臭い人は代謝が下がっている可能性が高い