激しい運動や筋トレをすると、間違いなくやってくるのが筋肉痛。年齢とともに、筋肉痛が来るタイミングが徐々に遅れるという話もよく聞くでしょう。そんな筋肉痛について、子ども時代になった記憶がある人は少ないはず。じつは幼児くらい若いと、体のメカニズムとして筋肉痛にならないのでした。

筋肉痛になった記憶が子ども時代にない理由とは

筋肉痛は伸張性筋収縮でおこるもの

保育園や小学校の低学年といった子ども時代、筋肉痛になった記憶があるという人は少ないはず。じつは子どもは小学生の低学年ぐらいまでは、体のメカニズムとして筋肉痛にならないのです。

そもそも筋肉痛は、運動などで筋肉の伸び縮みすることで、周囲の結合組織が損傷することでおこるもの。損傷部分の修復や死んだ細胞の除去のために免疫細胞が集まってきて炎症がおきるのです。

また、筋肉痛がおこるのは伸びながら力を出す伸張性筋収縮のとき。筋肉の動きには、ものを持ち上げるときに縮みながら力を出す短縮性筋収縮と、ものを下ろすときにに伸びながら力を出す伸張性筋収縮があります。

筋肉痛にならない腱や靭帯の伸縮性

このため、たとえ激しい運動をしても筋肉の伸び縮みの度合いや筋収縮によっては、筋肉痛はおきません。そして、子どもは体のメカニズム上、筋肉の収縮が小さいために筋肉痛がおきないのです。

ただし、子どもも大人も腕や脚の可動範囲は大差はありません。どこに違いがあるかというと、筋肉と骨をつなぎ止める腱や靭帯に違いがあります。腱や靭帯が大人よりも伸縮性があるのです。

つまり、子どもは腱や靭帯に伸縮性があるため、筋肉自体の伸びが小さいということ。子どもがいくら激しい遊びをしても筋肉痛にならないのは、腱や靭帯の伸縮性に理由があったのです。

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「筋肉痛になった記憶が子ども時代にない理由とは