ポリフェノールはそもそも、植物が外敵から自分の身を守るための成分。ポリフェノールは渋味や苦味の元となっているためには、虫から食べられないようにするためです。このポリフェノールを人間がうまく摂り入れると健康効果を得られるというわけ。漢方薬の苦みもポリフェノールの苦味なのです。

「良薬は口に苦し」はポリフェノールの持つ苦味

ポリフェノールは苦みや渋みの成分

ポリフェノールは植物が持っている苦味や渋味、色の成分。鮮やかな色をした野菜や果物は、その色がポリフェノールです。じつは一口にポリフェノールといっても、さまざまな種類があります。

実際、ポリフェノールは5千~8千種類ほどあるといわれているもの。大豆に含まれているポリフェノールがイソフラボンで、緑茶に含まれているポリフェノールがカテキンです。そのほかにも、柿の渋味の元となるタンニンや、コーヒーの苦味の元となるクロロゲン酸などがあります。

そして、このポリフェノールは人間の老化の原因の1つである酸化を防ぐもの。いうなれば、体を錆びていく現象を防いでくれます。

良薬は口に苦しはポリフェノール

そもそもポリフェノールは、植物が自分の体を守るための物質。渋味や苦味の元であるポリフェノールは、もともと植物が虫などに食べられないようにするための成分です。

そして、この植物が身を守る成分をのなかでもとくに濃いものを、人間は昔から薬に利用してきました。漢方薬などはその典型。「良薬は口に苦し」の苦味は、ポリフェノールなのです。

ポリフェノールは植物にとっては自分の体をガードするもの。人間がそれをうまく取り入れると、動脈硬化を予防したり、お肌をきれいにしたりというプラス効果が出るわけです。

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「「良薬は口に苦し」はポリフェノールの持つ苦味