肝臓は本当に我慢強い臓器で不平不満を言いません。異常が出たときは、すでに肝臓の80%がやられているとわれています。70%くらいまではまったく異常値が出ないもの。異常が出たときはかなり危険な状態なのです。そしていま、いま過度の飲酒が原因でない肝臓病が増えているといいます。

いま過度の飲酒が原因でない肝臓病が増えている

γ-GDPが正常なのに肝臓病も多い

γ-GDPは肝臓でおもに作られて、肝臓と胆のうで働く酵素。お酒を飲みすぎると、この数字がどんどん上がっていきます。とはいえ、お酒を飲むとこの酵素が増えるわけではありません。

お酒を飲んで肝臓がダメージを受けて壊れると、肝臓からこの酵素が漏れてきて血液中で増えるのです。このため、γ-GDPの数値が高いということは、それだけ肝臓に負担がかかっていることを意味します。

じつは基準値は施設によって差があって、最近では男女とも50くらいが基準値です。γ-GDPは非常に有用で、いろいろな検査能力の高い検査ではありますが、残念ながらγ-GDPが正常なのに肝臓病の人も多くいます。

お酒も飲まないのに肝臓病になる

そしていま、とくにお酒も飲まず、γ-GDPも正常値なのに肝臓病になる人がいることが話題。しかも、そのリスクは女性のほうが多いというのです。その病気は「NASH(ナッシュ)」。非アルコール性脂肪性肝炎といいます。

肝炎は炎症によって細胞が破壊され、肝臓の機能が低下してしまう病気。しかし、NASHは人によってだるさや食欲不振などがおきますが、自覚症状がほとんどない場合が多いのです。

このため、初期の段階では見逃されやすく、健康診断で見つかったときにはかなり進行しているケースもあります。そして、NASHは5~10年で5~20%が肝硬変を発症、さらに5年後には最大15%が肝臓がんになるのです。

■「肝臓病」おすすめ記事
体脂肪が蓄積される順番「皮下→内臓→脂肪肝」
ダイエットが原因で脂肪肝になるメカニズムとは
脂肪肝の原因にならないダイエットは月2kg減
脂肪肝を改善する3本柱が「食事・運動・睡眠」
脂肪肝の改善するのに夜更かしがNGな理由とは
いま過度の飲酒が原因でない肝臓病が増えている

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「いま過度の飲酒が原因でない肝臓病が増えている