がん予防効果で世界的に注目されている物質が「アホエン」です。アホエンはにんにくに多く含まれるものですが、一般的な調理法ではあまり生成されません。アホエンを効率よく生成させるポイントは、低温でゆっくり温めることににあります。アホエンの効能と生成方法について詳しく見ていきましょう。

がん予防効果で世界的に注目されるアホエンとは

アホエンはがんの進展を抑制する

免疫力をアップするとして、いま「アホエン」という物質が世界的に注目されています。アホエンはにんにくに多く含まれている物質。そのアホエンでもっとも注目されているのはがん予防効果です。

アホエンは、にんにくに熱を加えることによってできる物質。このアホエンは、抗血栓作用、脳血栓の予防作用、動脈硬化の予防作用、がんの進展を抑制する作用など、いろいろな効果が見つかっています。

実際、アメリカ国立がん研究所で作成した、がん予防効果が高い食材リストが「デザイナーフーズ・ピラミッド」。その中で、がん予防効果が期待できるという研究結果がもっとも多かったのがにんにくでした。

アホエンは低温でゆっくり温める

そのがん予防効果に大きく貢献するのがアホエンというわけ。このほか、脳を若返らせる効果があるともいわれています。ただし、一般的なニンニクの調理法ではアホエンはあまり生成されません。

そんな免疫力をアップしてくれる成分であるアホエンは、じつは低温でゆっくり温めることで多く生成されるもの。このため、にんにくを食べるときは、なるべくアホエンを生成させるようにゆっくり加熱する必要があります。

にんにく料理を作っていると、ちょっと目を離すとにんにくが真っ黒になっていることもしばしば。その時点でアホエンの生成は期待できません。低温のほうが有効にアホエンに変換できるのです。

■「がん予防」おすすめ記事
ケルセチンを多く含むたまねぎに胃がん予防効果
がん予防にえのき茸とブナシメジのアヒージョ
糖質制限レシピには癌リスクを下げる効果がある

■「がん」おすすめ記事
ダーモスコピー検査の自己負担額は数百円ほど
足の裏のほくろがメラノーマかを判別する方法
メラノーマを初期段階で見分ける3つのポイント
ニボルマブはメラノーマの治療に画期的な新薬
メラノーマの写真を見ながら見分け方をチェック
ニボルマブは免疫力を活性化してメラノーマ治療
メラノーマ治療まったく新しいアプローチの新薬

【関連リンク】
胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
ふくらはぎの筋肉は短距離と長距離で大きく違う

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「がん予防効果で世界的に注目されるアホエンとは