じつはいま、世界中でコーヒーの健康効果が注目されています。コーヒーにがん、糖尿病、肥満、さらには動脈硬化を予防する効果があることがわかってきました。なんとコーヒーを1日3~4杯飲む人は、心臓病死のリスクが4割も減少します。コーヒーの健康効果で心臓病死リスクが減る理由を見ていきましょう。

コーヒーの健康効果で心臓病死リスクが減る理由

コーヒーの健康効果で死亡リスク減少

国立がんセンターの研究でわかった、コーヒーの摂取量と心臓病の死亡リスクの関係を詳しく見てみましょう。まずは、コーヒーをほとんど飲まない人の心臓病のリスクを「1」として見ていきます。

コーヒーの摂取量がを1日1杯未満という人は「0.90」、1~2杯という人は「0.77」、3~4杯という人は「0.64」という数値でした。まさにコーヒーの健康効果といえるでしょう。ただし、5杯以上という人は「1.03」という数値です。

とはいえ5杯以上はデータが少ないため、はっきりコーヒーの効果がないとはいいきれません。また、緑茶でカテキンを摂取している人は、コーヒーを飲まなくても同様の効果を得ているため、あえてコーヒーは飲まなくても大丈夫です。

コーヒーの健康効果で血管が柔らかい

こうしたコーヒーの健康効果に関する研究は、日本だけでなく世界中で発表されています。地中海にあるイカリア島は、ギリシャの首都アテネから200km離れた小さな島。美しい森と心地よい日差しが気持ちいい島です。じつはイカリア島は、長寿の島として知られています。

じつは数年前、この島の長寿とコーヒーの関わりを示す研究が発表されました。研究チームは、島のお年寄り142人に協力してもらってコーヒーの飲む量を調査。そして、それぞれの血管の状態をよく調べました。

すると、コーヒーをよく飲むお年寄りは血管が柔らかく保たれていたのです。コーヒーを飲む量と血管の硬さを調べたこところ、コーヒーをよく飲む人は飲まない人に比べて50%近くも柔らかく保たれていました。

ここで心筋梗塞や狭心症などの心臓病は、血管が硬くなる動脈硬化が原因となります。このため、コーヒーを飲むことで血管を柔らかく保てれば、心臓病の原因となる動脈硬化を予防できるというわけです。

■「コーヒー効果」おすすめ記事
体脂肪を減らす運動の30分前のコーヒー1杯
缶コーヒーの砂糖は驚くほどは多くなかった件
ココナッツオイルコーヒーでダイエットする方法
コーヒーダイエットはインスタントでも効果アリ
8時間ダイエットの空腹をしのぐバターコーヒー
がん予防は缶コーヒーでもインスタントでも効く

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「コーヒーの健康効果で心臓病死リスクが減る理由