じつは腰痛になる人は寝方に問題があります。寝返りをあまり打たずに同じ姿勢を続ける寝方のために、腰まわりの血流が悪化。結果的に腰痛がおこるのでした。しかも、寝返りをあまり打たない寝方の原因は、じつは腰以外にあります。胸や背中、太ももなどの筋肉が硬くなっていることが原因なのです。

腰痛の人は寝方が悪かった!原因は腰以外にある

腰痛の人の寝方は寝がえりが少ない

腰痛の人の寝方は、なぜ寝がえりが少ないのでしょうか。じつは、寝返りは体を回転させる全身運動です。このため、全身の広い範囲で筋肉の柔らかさが必要になります。なかでも、寝返りは骨盤のひねりが重要なポイントです。

このため、体の前面であれば胸から太ももまでの筋肉、体の後面であれば背中から太ももにかけての筋肉が大事になります。実際、筋肉の柔らかさが寝返り動作にどれほど影響を与えるかを見てみましょう。

筋肉の硬さを体感できる胸部から腹部を固定する特殊な硬性コルセットを装着。そのまま仰向けに寝てもらって、寝返りを打ってもらいます。すると、思うように寝返りを打てません。

腰痛の寝方は筋肉が硬いことが原因

つまり、腰痛の原因となる寝返りの少ない寝方は、胸や背中、太ももなどの筋肉が硬いことによって生じる現象ということ。じつは腰痛は、腰以外の筋肉が硬いことによっておきるということなのです。

実際に、腰痛患者で寝返りの少ない人の体を調べたところ、いくつも筋肉が硬くなっている場所が見つかりました。それが大胸筋や腹直筋、大腿四頭筋、脊柱起立筋、大殿筋、ハムストリングス、腓腹筋などです。

じつは腰痛歴の長い人は、ふだんから腰をかばう動作が多く、知らず知らずのうちに腰以外の全身の筋肉が硬くなる傾向があります。それによって寝返りの数が少ない寝方になるというわけ。結果的に、腰痛が長引いてしまうのです。

■「腰痛」おすすめ記事
腹横筋をドローインで鍛えると腰痛予防になる
梨状筋ストレッチでお尻のコリをとって腰痛解消
仙腸関節のストレッチで腰痛を改善する方法
仙腸関節のストレッチで腰痛を治すAKA-博田法
仙腸関節による腰痛はインナーマッスルで治る
腹圧を高める腹式呼吸の効果で腰痛が予防できる

【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「腰痛の人は寝方が悪かった!原因は腰以外にある