トレーニング中の水分補給と栄養補給に関して、ユニークな実験があります。有酸素のトレーニングを行うときに、一方のグループには糖質入りの飲料、もう一方のグループにはただの水を与えたという実験です。じつは水分補給だけのトレーニングのほうが持久力がアップします。

水分補給だけのトレーニング

水分補給と栄養補給のグループで実験

水分補給グループと栄養補給グループが、それぞれ週3~4回のトレーニングを8週間続けたところ、どちらのグループもグリコーゲンの貯蔵量が増加。ところが、水のみを補給したグループのほうがより貯蔵量が多くなったのです。

グリコーゲンは、体内でエネルギーを一時的に保存しておくもの。ブドウ糖に分解されて、エネルギーとして使用されるものです。

栄養補給のグループは、トレーニング中にそれをエネルギーに変えて利用していると考えられます。一方の水分補給のグループはトレーニング中、体内のグリコーゲンはどんどん枯渇した状態です。

このグリコーゲンの飢餓状態が、より貯蔵量がアップした理由。体が飢餓状態を認識して、よりグリコーゲンを溜め込もうとするからです。グリコーゲンの貯蔵料の増加は持久力アップに大きく影響します。

水分補給のみトレーニングが効果的

つまり、トレーニング中の栄養補給はグリコーゲンの貯蔵という意味ではマイナス効果。水分補給のみのほうがより多くのグリコーゲンを貯蔵できるようになります。

マラソンやサッカーなど、持久力を必要とするスポーツにおいては、そのトレーニング中は水分補給のみのほうが効果的ということ。持久力アップにトレーニング中の栄養補給はマイナス効果なのでした。

ただし、筋力アップや瞬発力を目的とするトレーニングの場合、グリコーゲンの枯渇がマイナスになる可能性があります。また、大会や試合中は水分補給だけでなく栄養補給も行ったほうがパフォーマンスがアップするでしょう。

■「水分補給」おすすめ記事
水分補給は運動1時間前にして脈拍増加を抑える
水分補給のスポドリ「ぶどう糖果糖液糖」を選ぶ
水分補給のスポドリは「ぬるめ」をチビチビ飲む

■「水分」おすすめ記事
体脂肪率を落とすと水分量が増えて若々しくなる
低炭水化物ダイエットで落ちる体重はほぼ水分
サウナダイエットで減るのは脂肪ではなく水分

【関連リンク】
ぽっこりお腹の原因「内臓下垂」を解消する筋トレ
超回復が嘘なのは前提が間違っているから
筋肉痛は超回復のチャンス!でも過労には注意
吉川メソッドのV字腹筋でバキバキに割れた
体脂肪を減らすには3つの栄養素が不可欠だった

情報提供元:インナーマッスル
記事名:「水分補給だけのトレーニングで持久力をアップ