■第5位:『シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~』(Mr.Children)…年間売上179万枚以上

 

第5位はMr.Childrenの『シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~』。同曲はノンタイアップにも関わらずビッグセールスを叩き出し、“タイアップ命”という、90年代音楽チャートの暗黙の常識を打ち破りました。

 

さらにネットのアンケートでは、女性が選ぶミスチルの好きな曲ランキング第1位になったこともあります。恋に悩む男性の気持ちを歌った甘酸っぱいこの曲は、女性からすると可愛く思えるのかもしれませんね。しかし、「歌詞が恥ずかしい」との理由から、ライブでは滅多に演奏されないのだそうです……。

 

 

■第4位:『Tomorrow never knows』(Mr.Children)…年間売上183.6万枚以上

 

続く第4位もMr.Childrenで、曲は『Tomorrow never knows』。1995年に『innocent world』を大ヒットさせて以降、ミスチルは年間売上ランキングのエース的存在になっていますね。

 

『Tomorrow never knows』は1995年のランキングでは惜しくも第4位だったものの、1994~95年にかけて277万枚を売り上げています。もし発売日が95年の初頭だったら、年間売上1位に輝いていたかも……。ちなみにこの曲は、あの和田アキ子もカバーしています。

 

 

■第3位:『HELLO』(福山雅治)…年間売上187.1万枚以上

 

第3位は福山雅治の『HELLO』。この曲は『最高の片思い WHITE LOVE STORY』(フジテレビ系)の主題歌で、彼の代表曲の一つとして知られています。

 

ストレートな言葉で恋の高揚感を表現しているサビは、爽快そのもの。リスナーのワクワク感を掻き立てるという意味では、「これぞJ-POP」といえるような1曲ではないでしょうか。

 

 

■第2位:『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』(H Jungle with t)…年間売上210.3万枚以上

 

H Jungle with tの『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』が第2位に。この曲は『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの浜田雅功が小室哲哉に「曲を作ってくれ」と依頼したのがきっかけで制作されました。

 

ただ、曲を受け取った当初、浜田雅功は「なんじゃこの歌、絶対売れへんやん……」と思ったそう。しかしそんな予想は外れ、同曲は見事に大ヒットし、お笑い芸人によるCD売上歴代1位の記録を持っています。

 

 

■第1位:『LOVE LOVE LOVE』(DREAMS COME TRUE)…年間売上235万枚以上

 

第1位はDREAMS COME TRUEの『LOVE LOVE LOVE』。同年放送された『愛していると言ってくれ』(TBS系)の主題歌で、ドラマと一緒に、恋する女性たちから熱烈に支持されました。

 

この曲は、ベースの中村正人がデビュー前に制作した曲に手を加えたものだそうで、もともと“ルルルルル”のところには別の歌詞が入っていたのだとか。また、“LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を呼ぼう”の箇所は、レコーディング時に急遽追加されたそうです。

 

――決して明るいニュースばかりではなかった1995年。好きな人がいることのありがたみを、改めて思い知った人が多かったのか、上位にはラブソングのランクインが目立った印象です。1990年代の他の年のランキングにはどのような傾向があるか、ぜひ比較してみてください!

情報提供元:citrus
記事名:「エモすぎる…1995年のヒット曲ベスト5 3位『HELLO』、2位『WOW WAR TONIGHT』…1位はあのラブバラード!