あの頃はよかったな~などと若さを羨むのではなく、できればポジティブに歳を重ねていきたいものですが、なかなかそうもいかないのが現実。そんな中、注目を集めているのが、

深爪(@fukazume_taro)さんのこんな投稿です。

 

 

 

これに対してネット上では共感のコメントが溢れました。

 

 

「同感です」

「ほんとそれ。 歳をとることを恐れることなどない」

「雑音を回避できる能力は間違いなく付くと思う」

「確かにほぼそんな感じです!若い頃より生きやすくなっている!」

「さらに歳を取るとたいていのことは忘れてしまうので、案外と日々が新鮮で愉しいです」

「オバちゃんになって色々と吹っ切れて楽になった…女からの妻からの母親からのオバちゃん」

 

 

こんな歳の取り方をしたいという若者の意見や、「ま、いいか」「どうでもいいわ」なども便利というコメントも。一方で、何事も「うるせえバカ」「知らんがな」と他人の話を聞き流してしまう中年や高齢者を心配する声もありました。

 

 

こうやって老害は増えていくんかな

人の話を聞かない中年になってるだけですね、それ…

 

 

ちなみに深爪(@fukazume_taro)さんからはこんな忠告も。

 

 

「うるせえバカ」「知らんがな」と声に出して言うと思ってる人が結構いるみたいなんですが、それじゃただのヤバい中年になってしまうので気をつけて欲しい。

 

「うるせえバカ」「知らんがな」どちらも、ほどほどにうまく使いこなしていきたいですね。

情報提供元:citrus
記事名:「若者に「歳を取ると楽しいことが増えるよ」とは言い切れないが… これだけは自信をもっていえること