株式会社デジタルコマースが運営を行う成人向け(アダルト)事業『FANZA(ファンザ)』(※2018年8月に名称変更。旧『DMM.R18』)が発行するメールマガジン『FANZA Magazine』が先日、大々的に発表した“性”に関する統計調査『FANZA REPORT 2018』に、こんな驚くべき調査結果が載っていた。

 

「人気検索ワードTOP25」という項目で、そのTOP3が「熟女」「巨乳」「痴漢」であったことは、昨日私がcitrusへと寄稿したコラムですでに報告済みだが、コレを男女別に分けると……とくに「女性による人気検索ワード・ランキング」が、またまたじつに興味深い順位となっていた。とりあえずは以下のTOP10をご覧いただきたい(※高尚なるニュースメディアであるcitrusに不適切だとゴメスが判断した単語は、一部伏せ字にしております)。

 

1位:ク○ニ

2位:痴漢

3位:レズ

4位:乳首

5位:巨乳

6位:マッサージ

7位:熟女

8位:潮吹○

9位:ク○トリス

10位:媚薬

 

では、私が気になったキーワードのいくつかを、私なりの分析で“その人気(?)の秘密”へと迫ってみよう。

 

まず、1位の「クン○」。昨今の男性は綺麗好き・潔癖症が増えすぎたのか、「女性器に直接口を接触させる行為」を嫌う兆候にあるからなのではなかろうか? ちゃっちゃと「A」と「B」を終わらせて即「C」……といった“淡泊”で味気ない性交に、女性は口に出せない不満を抱いているのではなかろうか? そして、「○ンニ」、加えて「マッサージ」「クリ○リス」の検索数上位ランクインは、その反動なのではなかろうか……と、私はにらんでいる。

 

次に、2位の「痴漢」。これは「満員電車内で実際に痴漢されないよう、アダルト動画の疑似痴漢をチェックし、傾向と対策を練っている」のか、「単なる恐いモノ(嫌なモノ)見たさ」なのか、それとも「女性の潜在意識下でチロチロと小さな炎を灯す“隠された痴漢されたい願望”」なのか……正直なところ、男の私にはよくわからない。が、いずれにせよ、このランキングを鵜呑みにして「女性は誰しも心の奥底で痴漢されたがっている」と、迂闊に“実行”へと踏み切る、愚かな妄想だけは絶対に禁物ということだ。

 

3位の「レズ」に関しては、なんとなく私のなかではスッとハマった。AVオンリーで性技を学んだ、たとえば「○を吹かせることだけに執心し、荒々しい手○ンを延々繰り返す」みたいに、レイプまがいの乱暴なセックスしかできない男が、昨今あまりに多すぎるのではなかろうか?(※8位に「潮○き」がランクインされているのも、その現象をリアルに確認してみたいからなのではなかろうか?) だから、女性は繊細な愛撫を丁寧に施し合う女性同士の“美しいセックス”に憧れ、その“未知の世界”に好奇心を見いだすのではなかろうか?

 

あと、10位の「媚薬」って……そんなカテゴリーが存在するとは、これまで私は全然知らなかった! クスリの力に委ねて、憚らずも“淫乱なワタシ”へと“変身”してゆくさまが、どちらかと言えば“プロセス重視”な女性のリビドーをくすぐるのだろう。もし、そういう“特効薬”が(合法で)実在するなら、私もゼヒ死ぬまでに一度は(あくまで相手と同意の上で)試してみたい!

情報提供元:citrus
記事名:「隠された願望かそれとも…!? 女性による人気エロ検索ワードの1位はまさかの!