2017年11月6日(月)に、横浜ビールのシーズンビール第4弾として秋季限定「ドラゴンフルーツエール」が発売されます。

横浜育ちの完熟ドラゴンフルーツを投入

季節ごとに地域の旬のフルーツを使ったビールで私たちを楽しませてくれる横浜ビール。柚子、苺、ブルーベリーに続き、今回の主役はレッドドラゴンフルーツです。 今回、横浜市港北区の農家「小松ファーム」の松本さんが育てた完熟レッドドラゴンフルーツを投入し、ルビーのような濃い赤色のアメリカンレッドエールが造られました。

小松ファームのドラゴンフルーツ

横浜市港北区の小机で松本さんが営んでいる農園「小松ファーム」。横浜で唯一栽培されているドラゴンフルーツはこの農園のハウスで花開き結実します。満月の夜にしか受粉しないといわれる神秘的なこのフルーツは栄養価も高いと言います。今回、横浜ビールスタッフも夜中の受粉作業から収穫までを手伝ったそうです。

花のような香りとモルティーな味わい

気になる味はと言うと、フルーツの甘い味わいを想像しますが、決して甘くはありません。ホップにより引き出されたフルーティーで花のような香りと、クリスタルモルトによるカラメルのような麦の風味のバランスが特徴なんだとか。 おすすめのペアリングは、デミグラスソースを使用した肉料理やチーズリゾット。さらに、プリン、フルーツタルトなど、スイーツとも相性が良いそうです。  この「ドラゴンフルーツエール」は、横浜ビールオンラインショップ、横浜ビール直営店、横浜そごう、高島屋等、神奈川県の百貨店にてボトルを購入することができます。また、樽も同時に発売され、都内、県内のビアバーで出会うことができます。秋が深まるこの季節に、華やかな香りとモルティー味わいをじっくり楽しみながら飲みたい一本です。

横浜ビール「ドラゴンフルーツエール」

◯原材料:麦芽、ホップ、ドラゴンフルーツ ◯アルコール分:5.5%IBU31 ◯容量:330ml ◯賞味期限:常温保存(20°C以下)で製造日より6か月 ◯一般小売価格:500円(税別) ◯横浜ビール公式ホームページ:http://www.yokohamabeer.com/

▼最新の新発売ビールはこちらから

情報提供元:ビール女子
記事名:「横浜ビールから秋季限定「ドラゴンフルーツエール」登場