パナソニック株式会社は、2020年8月1日(土)に、気になる部分が自宅で洗えるマッサージチェア「リアルプロ(EP-MA101)」と、マッサージソファ(EP-MP65)を新たに発売する。

新機種発売に際して、「人との共有アイテム」をテーマに自宅で使用する「家庭内の共有アイテム」に着目し、「共有したくない」と思うものや、その理由について子供がいる既婚男女を対象に調査。
その結果、「共有したくない」という心理の裏側には、家族には清潔なアイテムを使ってほしいという気持ちや、衛生観念が高まっているからこそ余計に「洗濯できない」という点がネックになっていることが明らかになった。

家族に限らず!共有NG、男女ともにアイテムは類似。ポイントは「素肌が触れるもの」
はじめに、「家庭内の共有アイテム」について、「家族で共有したくないもの」、「家族に限らず、人と共有したくないもの」のパターンで調査を行った。
すると、「家族で共有したくないもの」に関しては、「歯ブラシ」(男性56%・女性71%)、「下着」(男性52%・女性63%)、「パジャマ」(男性28%・女性40%)、「枕・枕カバー」(男性21%・女性44%)などが上位に。
「家族に限らず、人と共有したくないもの」についても同様の傾向が見られ、上位のアイテムは男女ともに概ね類似する結果になった。

特に、「枕・枕カバー」、「パジャマ」など、長時間使用するものや素肌・体に直接触れるものは、男女ともに共有ではなく自分だけのアイテムを使いたい気持ちが強いようだ。

「洗えない」も要因。みんなで使うからこそ、「きれいにしたい」
家族(夫婦)で共有するアイテムのうち、「洗濯できない・しづらいことが共有したくない要因になるか」と聞いたところ、男性は50%、女性は67%が「なる」と回答。
さらに、「家族が使うものは、清潔かどうか気になるか」を聞いたところ、男性は76%、女性は94%が「気になる」と答え、18ptの開きが見られた。
家族にもきれいなものを使ってほしいと思う気持ちは男女ともに高い一方で、その意識の度合いに関しては、女性の方がより強いことが読み取れる。

足裏カバーが洗えていつでもきれい。マッサージチェア「リアルプロ」最上位新機種&マッサージソファの新機種が新発売 
タッチパネルコントローラーで快適な操作性を実現したパナソニックのマッサージチェア「リアルプロ」シリーズは、シリーズ最上位機種「リアルプロ(EP-MA101)」を8月1日(土)に発売する。
同時に、「マッサージソファ(EP-MP65)」も発売。
「リアルプロ(EP-MA101)」は、調査結果でも共有に抵抗感があるという結果が一部見られた「足元」の清潔感を保てる、「洗える足裏カバー」を採用。
コリをピンポイントでとらえるパナソニック独自の「モミ玉制御技術」でプロの手技を追及し、充実の全身マッサージと快適な操作性で別格のリラックスタイムを実現している。
また、「マッサージソファ(EP-MP65)」は、ファブリック製のカバーがまるで家具のようにインテリアになじむ洗練されたデザインと、充実のマッサージ機能をコンパクトサイズにぎゅっと凝縮。
背カバー、座カバーが洗える仕様で、いつでも清潔を保つことが可能だ。

家族が自宅で過ごす時間が長くなると同時に、衛生観念がより高まっている昨今。
気になる部分が洗えるだけでなく、快適性を追求したさまざまな新機能を採用した「リアルプロ」と「マッサージソファ」は、家族の想いを叶えるマッサージチェアとして、家庭の心地よいリラックスシーンをサポートしてくれるだろう。

【参考】
※マッサージチェア「リアルプロ(EP-MA101)」
https://panasonic.jp/massage/products/ep-ma101.html

※マッサージソファ(EP-MP65)
https://panasonic.jp/massage/products/ep-mp65.html

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「常に清潔を保てる!パナソニックが「マッサージチェア」2製品を8月1日に発売