「BOTANIST」の新エイジングケアライン誕生
ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST(ボタニスト)」より、年齢サインが気になりだした肌にアプローチするファーストエイジングスキンケアケアライン「BOTANIST SKINCARE EVER(ボタニストスキンケアエヴァー)」が新登場。

2020年8月1日(土)、BOTANIST Tokyo、BOTANIST ルクア大阪店および公式オンライン等にて、クレンジングバーム、ローション、セラム、クリームの全4アイテムが発売された。

世界初、あの植物の生命力を素肌にも
“植物と共に生きる”をコンセプトとしている「BOTANIST」が研究の末たどり着いたのが、寒冷地に生息する希少な花「エゾノチチコグサ」。過酷な環境に負けずに育つ生命力に着目し、茎から採取した幹細胞を元に「エゾノチチコグサカルスエキス」の抽出に成功した。

「BOTANIST SKINCARE EVER」のアイテムにはこの「エゾノチチコグサカルスエキス」を配合し、肌にみずみずしい潤いを蓄えるとともにバリア機能をサポート。さらにアイテムに応じてブレンドしたボタニカル成分との相乗効果で、弾むようなハリを引き出してくれる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社I-neのプレスリリース
https://i-ne.co.jp/news/50721/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「希少な植物幹細胞の力に着目!BOTANISTのエイジングスキンケア