「ガム・ウェルプラス」で新しい健康習慣
株会社サンスターSA(スイス・エトワ)を中心に、オーラルケアや健康食品などを展開する企業グループ「サンスターグループ」は、30周年を迎えた歯周病予防のブランド「G・U・M(ガム)」より、「ガム・ウェルプラス」シリーズを2020年3月18日(水)に発売する。

歯周病菌は、主に歯周プラークに潜んでいるが、歯茎細胞の中にも侵入し、唾液中の抗菌成分や歯みがきの殺菌剤などから逃れている可能性があることが近年の研究で明らかになっている。

同シリーズは、歯周病菌が潜みやすい菌のかたまりの分散を助ける「分散成分」と歯茎細胞に侵入することを防ぐ「ブロック殺菌処方」をダブルで配合。効率的に歯周病菌を殺菌し歯周病を防ぐ。

また、口内環境コントロール発想から開発されたオーラルケアの新しい健康習慣により、オーラルケアから全身を健康に導く。

歯みがきと歯みがきの間もケア
今回発売するのは、「デンタルペースト ハーブミント/リフレッシュクール」「デンタルリンス スッキリ爽やかタイプ/低刺激ノンアルコールタイプ」「デンタルブラシ」「食べるオーラルヘルスタブレット」の4種類。

タブレットは、歯みがきと歯みがきの間の時間になめてケアできる。グレープフルーツミント味で長時間口のスッキリ感をキープする。

【参考】
※サンスターニュースリリース
https://www.sunstar.com/jp/press/post/20200317114510

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「「ガム・ウェルプラス」でオーラルケアから身体もケア