リーフ&ボタニクスシリーズをリニューアル
2020年3月18日、松山油脂株式会社は「LEAF&BOTANICS(リーフ&ボタニクス)」シリーズの一部をリニューアル発売する。

リニューアルされる製品は、ボディソープ、ボディローション、シャンプー、コンディショナーだ。

同シリーズは、パラベンや合成香料を一切配合せず、果実や植物より抽出したエキスを使用して、健やかな肌に導く製品を提供している。さらに天然精油(エッセンシャルオイル)も配合されているため、リラックス効果も期待できるシリーズだ。

植物由来成分が健やかな肌と髪をサポート
この度のリニューアルでは、天然精油の香りをより高めていて、自然の中で育つ花や果実そのものをイメージさせるような豊かな香りを楽しむことができる。

また、シャンプーには新たにキラヤ樹皮エキスとムクロジエキスを配合。しっかりと泡立って頭皮や髪の汚れをきれいに洗浄してくれる。コンディショナーには、アボカドオイルが配合されていて、髪に潤いやしなやかさを与えてくれる。これにより、ノンシリコーンでもきしまず、しっとりとまとまる髪に導かれる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※松山油脂株式会社のニュースリリース
https://www.matsuyama.co.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「植物本来の力で、洗浄力&いやし効果アップ