白髪染めを卒業したい女性などに
4月30日、白髪染めを卒業したい女性や、グレイヘアに興味を持ちつつもためらっている女性などに向けた新刊『若々しいグレイヘアの作り方Book』が発売された。

A5判で116ページ、1,200円(税別)の価格で出版社は主婦の友社である。

移行期をどうする? 老け見えしない方法は?
2018年、グレイヘアという言葉が新語・流行語大賞のノミネート語に選出され、従来の「染めるもの」「隠すもの」という考え方ではなく、白髪を活かしておしゃれに取り入れるスタイルが話題となった。

主婦の友社は2016年『パリマダム グレイヘアスタイル』、2018年『グレイヘアという選択』『グレイヘアの美しい人』、2019年『グレイヘアという生き方』を刊行。新刊ではグレイヘアという言葉を世に出し、ブームを作った編集者によるグレイヘア体験を掲載し、若々しいグレイヘアの作り方を伝授している。

グレイヘアに興味があるものの、躊躇してしまう大きな原因にはグレイヘアが完成するまでの移行期間をどう過ごすかという問題や、老けて見られるのではないかという心配がある。新刊にはその具体策が満載。40~70代の女性たち20人が白髪染めをやめ、移行期を経て完成するまでの体験を語っている。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※若々しいグレイヘアの作り方Book - 株式会社 主婦の友社 主婦の友社の本
http://shufunotomo.hondana.jp/book/b508503.html

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「グレイヘアブームを作った編集者の若々しいグレイヘアの作り方