『サボン モーヴ』と『カンテサンス』がセットで受賞
スキンケア・メイクアップ・ヘアケア事業などを展開する株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン(P.G.C.D. JAPAN, Inc.)は、『サボン モーヴ』と『カンテサンス』が、育毛剤カテゴリーにおいて、「2019年度グッドデザイン賞」を受賞したことを発表した。

「グッドデザイン賞」は、デザインによって暮らしや社会をよりよくするための活動であり、公益財団法人日本デザイン振興会が主催している。「グッドデザイン賞」を受賞することにより、社会を導く「良いデザイン」であることを伝えることができる。

製品を通じて地球環境の保護に貢献
『サボン モーヴ』は、1つでシャンプー・リンス・トリートメントの3つの働きを持つ、頭皮と髪を洗うスカルプケアソープである。リンスが不要であり、プラスチック製の容器を使用していないため、水とプラスチックゴミの削減に貢献する製品である。

『カンテサンス』は、世界最大規模のオーガニック認証機関エコサートの認証を受けた製品であり、信頼性の高い育毛美容液である。製品としての質と利用者の満足感の担保を妥協することなく追求したアイテムである。

『サボン モーヴ』と『カンテサンス』は、10月31日(木)から11月4日(月・祝)まで、東京ミッドタウンで開催されるグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において特別展示される。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース 株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン
https://www.value-press.com/pressrelease/228979

※受賞対象一覧 GOOD DESIGN AWARD
https://www.g-mark.org/award/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「リンス不要の石鹸シャンプーと育毛美容液が2019年度グッドデザイン賞を受賞