女性向けの昆虫スナックを販売
株式会社宮下企画は、東京・秋葉原にある「ラフィーネ 秋葉原」の店頭で昆虫を原料としたスナックやプロテインバーを扱う自動販売機「MOGBUG」が7月9日から稼働していることを発表した。

昆虫は、種類により差異はあるが、栄養価が高く、環境負荷の低いサスティナブル・フードであり、次世代の食料として期待されている。100gあたりのたんぱく質・ビタミン・ミネラル含有量は、肉や魚よりも高いスーパーフードである。

24時間稼働中!500円から購入可能
「MOGBUG」は、女性向けのオリジナルブランド。キャッチコピーは「未来を救う、ネクストフード」である。 ラインナップは、コオロギ、スーパーワーム、サゴワーム、オケラ、カイコ、カブトムシ、サソリの6種類。パッケージは、昆虫のイラスト入りでカラーも可愛らしく、女性が手に取りやすいデザインになっている。販売価格は各1,000円。

ヨーロッパを代表する昆虫食の人気ブランド「Eat Grub」からは、コオロギ エナジーバーとスナックを取り扱う。『Eat Grub bar』には、コオロギプロテインと豊富な食物繊維が含まれている。 ラインナップは、カカオ&ココナッツ、オレンジ&レッドベリー、ブルーベリー&アーモンドの3種類。販売価格は各500円。

『Eat Grub クランキー ロースト クリケット』は、ローストされたコオロギの味にアクセントとして食べやすい味つけをしている。味は、BBQ、ペリペリ、スイートチリ&ライムの3種類。1袋あたり約50kcalとヘルシーで、ダイエット中にもおすすめである。販売価格は各800円。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース 株式会社宮下企画
https://www.value-press.com/pressrelease/225818

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「栄養満点のギルトフリースナック!昆虫自販機が秋葉原に登場