食と美がテーマの新ショップ
”美と健康を食べる”をコンセプトにしたサラダ&スムージーの専門店「Vegeru(ベジル)」が、2019年9月4日(水)、あべのハルカス近鉄本店にオープンする。

同店は株式会社近鉄百貨店が運営するショップで、サラダの製造・販売を行う「サラダカフェ株式会社」の協力のもと、身体の内側からキレイになる”インナービューティーサラダ”を提供する。

店名の「Vegeru(ベジル)」は、”野菜の”ベジタブル”と”食べる”という単語を組み合わせてつけられた。「食べるコスメ」という位置づけから、化粧品売り場のフロアに店舗が構えられるという試みが面白い。

美のスペシャリストが監修
同ショップのメニューはサラダ7品とスムージー4品が中心。全てのメニューは、薬剤師兼インナービューティープランナーの肩書きを持つスペシャリスト、冨尾明里紗氏の監修のもと開発されている。

身体が喜ぶ「秋の味覚 美腸サラダ」(1,296 円)や栄養たっぷりの「ディープグリーンスムージー」(648円)など、美容と健康に効果的なメニューが並ぶ。全てのメニューに麹を使用するなど、身体を内側から整える”美腸レシピ”が中心だ。美と健康に敏感な女性にこそ、足を運んでもらいたい。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社近鉄百貨店のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/189716

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「インナービューティープランナー監修!サラダ&スムージー専門店Vegeru誕生