米ぬかおやつに新フレーバー誕生
株式会社ビーバイ・イーは、同社が展開する植物性100%・無添加の食品ブランド『ベジキッチン』より、国産の米をまるごと使った「ライスブランキューブ 釜炒り緑茶」を、2019年8月27日(火)に発売する。

内容量は40g、価格は税抜き360円にて発売される。

同ブランドは、「食べること=生きること」をテーマに、厳選された自然由来の素材を使用。そして、身体の内側から美しく、調和のとれた生活をサポートする製品を提案している。

「ライスブランキューブ」は、宮崎県高千穂産の米を使用し、サクサクの食感と食べさすい一口サイズが特徴の米ぬかおやつだ。国産の厳選された米由来の素材である米ぬか・米粉・米あめ・米油を使用して、米の栄養分がぎゅっとつめこまれている。

さわやかで芳ばしい香り
この度発売される製品には、日本一の釜炒り茶生産地である宮崎県五ヶ瀬産の有機釜炒り緑茶を香料に使用している。

この釜炒り茶は、抗酸化作用のカテキンを多く含んでいて、美容と健康をサポートしてくれるだけでなく、釜香というすっきりとした芳ばしい香りが特徴だ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ビーバイ・イーのニュースリリース
https://www.bxe.co.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「栄養たっぷりの米ぬか&緑茶のおやつで、美容・健康をサポート